ビジネスを加速させる動画マーケティング

グロースショップ

Youtube

Youtubeのチャンネル登録者数を増やす方法

更新日:

これまでは文章、写真と情報発信の流れがありましたが、これからは動画の時代です。

 

情報発信のプラットフォームとしては、

文章ではブログやTwitter、最近だとnote、

写真ではインスタが人気がありますが、

動画はYoutubeとTik Tokをやる人が増えています。

 

個人の発信に限らず、ネットショップやお店、スモールビジネスにおいても動画による情報発信は欠かせません。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ネットショップに動画マーケティングを取り入れるべき理由

動画マーケティングの可能性 ここ数年、動画マーケティングが注目されています。 ネットショップのプロモーション方法は、これまで文字と写真が主流でしたが、これからは動画の時代です。   これまで ...

続きを見る

 

今回は、Youtubeでチャンネル登録者数を増やす方法をまとめました。

 

Youtubeは圧倒的先行者優位

まず、Youtubeをはじめるなら今です。

Youtubeは、早く始めれば早く始めるほど有利になります。

 

なぜ早く始めた方がいいのかというと、Youtubeのロジックがあります。

  • 関連動画での表示
  • 検索結果での表示

 

関連動画での表示

まず、関連動画の表示ですが、動画が見終わったあとに、パソコンだと画面の右側に関連動画表示されます。

ここに表示される動画は、チャンネル登録者数が多いチャンネルの動画が優先的に表示されることになります。

 

Youtubeとしては、視聴者の視聴回数を増やすために、人気のチャンネルの動画をおすすめするわけです。

人気のチャンネルはどんどん露出が増え、動画が見られる回数が増え、さらに人気が出るという好循環に入るわけです。

 

そうなると、Youtubeの新規参入者が増えると、その動画の関連動画には人気のチャンネルが表示されるので、人気チャンネルの新規チャンネル登録数の伸びが加速します。

つまり、Youtuberが増えれば増えるほど、人気のチャンネルは勝手に登録者が増える仕組みになっています。

 

これが、Youtubeを早く始めるべき理由です。

 

逆に言うと、ゼロから始めるチャンネルの動画は関連動画にまったく表示されないので、いくらいい動画を作ってもそもそも見られないという状態が続きます。

 

Youtubeの検索結果に表示

もう一つの経路は、検索結果に表示されることです。

 

今後は、Googleを使って調べ物をするようにYoutubeの動画を検索する人が増えていくでしょう。

文章や写真では情報量が少ないので、動画で知りたい・見たい内容については動画のニーズが出てくると思います。

 

とくに、ハウツーものの動画が増えていくと考えられます。

料理やDIYなど文字や写真で説明すると内容が膨大になり読むのも疲れますが、動画なら一発で分かることが多いと思います。

 

Youtubeで検索するボリュームはまだまだ少ないのが現状ですが、キーワードで検索する人も増えるでしょう。

検索結果の上位に表示されるのはやはり人気のチェンネルということになります。

 

Youtubeの新規参入はどうやってチャンネル登録者数を増やすか

Youtubeは先行者優位が働くので、今からやっても遅いとよく言われています。

さらに最近では、芸能人や有名人もどんどんYoutubeに参入して一気にチャンネル登録者数を獲得しています。

こんな状況では、いまさら初めても遅いと感じるかもしれません。

 

しかし、Youtube自体はまだまだこれからも伸びていくので、今からやっても遅いどころか、まだまだはじまったばかりでこれからだというのが私の認識です。

 

たとえば、ブログ自体は何十年も前から存在していますが、いまだに新しく始められる方は多いです。

同様に動画も今はじめても遅いということはなく、10年後に早く始めていたらよかったと後悔するときが来るかもしれません。

 

現状のYoutube

まず、今のYoutubeの動画は、まだまだチャンネルの数が少ない、エンタメジャンルに偏っているという現状があります。

これからはいろんな専門チャンネルが増えていくことが予想されます。

 

ブログを例にすると、一口にブログと言っても

  • 旅行ブログ
  • 車ブログ
  • 社長ブログ
  • 子育てブログ
  • ビジネスブログ
  • お店のスタッフブログ
  • 日記

などなど、いろんな切り口のブログが存在します。

 

それに対してYoutubeは、

  • ゲーム動画
  • メイク動画
  • 料理動画
  • 旅行動画

などのジャンルは確立しつつありますが、ブログや雑誌に比べるとまだまだ専門チャンネルが少ないのが現状です。

ここに新規参入のチャンスがあります。

 

チャンネルのジャンルを絞り込む

まず、自分がやりたいジャンルを絞り込み、専門チャンネルにしましょう。

たとえば、料理が得意で、旅行も好きで、趣味がイラストを描くことなので、いろいろな動画を一つのチャンネルにアップするのはやめましょう。

 

もし、あなたが芸能人やアイドルですでに多くのファンがいるのなら何をやっても動画を見てくれるでしょう。

しかし、無名の人がそれをやると動画を見た人があなたが何者が分からないため、チャンネル登録には至りにくいでしょう。

 

ヒカキンさんも最初はヒューマンビートボックスの動画を中心にアップして専門家としての認知を獲得しました。

それから、いろんな商品レビューの動画や「いろいろやってみた系」の動画をアップして人気になっています。

今は人気が確立しファンも多くいるので、どんなジャンルの動画をアップしてもヒカキンが見たいファンが見てくれる状況になっています。

 

たとえあなたが多趣味でそれぞれ人よりうまくできることがあっても、最初は専門チャンネルとして確立することをおすすめします。

 

同じジャンルのチャンネルをリサーチ

あなたの専門分野が決まったら、同じ専門分野のチャンネルをリサーチしてみましょう。

先ほど解説したように、今のところYoutubeで動画が発見される経路は関連動画からが多いのが現状です。

なので、同じジャンルの動画を見た視聴者が関連動画経由で流れてくることが期待できます。

 

これは、ブログとは異なる仕組みになります。

 

ブログの場合、検索結果の上位に表示されることがアクセス数を増やすポイントになります。

SEOと言って、グーグルの検索エンジンに最適化することが上位表示に必要です。

たとえば、タイトルや本文に検索条件で入力されるキーワードを入れることが基本になります。

 

逆にYoutubeの場合、同じジャンルのYoutuberの参入がメリットになることが多いです。

  • 関連動画で表示される回数が増える
  • 専門チャンネルが増えるとYoutubeの視聴者が増える

 

関連動画でおすすめされる機会が増えるのは先ほど説明した通りです。

もう一つのメリットとしては、専門チャンネルが増えるとYoutubeの視聴者が増えることが挙げられます。

 

現状のYoutubeでも説明しましたが、今はエンタメ系の動画が多いため、視聴者は時間のある子どもや若い人がメインです。

鶏と卵の話ではないですが、あるジャンルのYoutuberが増えると、そのジャンルに興味のある視聴者が増えて、そのジャンルの広告主がYoutubeに注目するという流れになります。

なので、取り組もうとしているジャンルの動画が少ないとしても、新たな参入者が増えることで、ある日突然視聴者増えることも考えられます。

つまり新規参入者はジャンルを盛り上げる仲間だと考えてください。

 

もちろん言うまでもありませんが、同じジャンルの中でも人気のあるコンテンツであることが条件です。

 

同じようなネタの動画をアップする

具体的に最初はどういう動画を作るべきかというと、同じジャンルと同じようなコンテンツを作ることがポイントになります。

たとえば、2018年だとアルミホイルをハンマーで叩き続けてアルミボールにする動画がバズりました。

ヒカキンさんもヒカルさんもやっています。

 

流行りに乗って、関連動画に掲載されることがポイントです。

もちろんチャンネルのテイストに合わないし、そんな波に乗りたくないという人も多いでしょう。

戦略に基づいているなら、それはそれで正しい判断だと思います。

 

しかし、Youtubeを始めたばかりは本当に誰にも見られません。

一つのアイデアとして覚えておいてください。

 

動画の質か量か?

動画の質を追求すべきだ、まずは動画の本数が大事だ、というのがよく議論になります。

私の意見は、まずは量を追求すべきだと考えます。

 

多くの量を制作することによって、

  • 制作する本数が多いと技術向上のスピードが上がる
  • 動画の本数が多いと、評価の高い動画、評価の低い動画のデータが取れる

というメリットが挙げられます。

 

そもそも動画の質というのは、視聴者に判断されるものであって、制作者にとっては自己満足にすぎません。

もちろん自分の作品を発表するだけという目的ならば、自分自身が納得するまで質を追求するべきです。

しかし、Youtubeでビジネスにつなげたい、認知度を上げたい、ということが目的ならまず動画をアップして視聴者からのフィードバックを得ることが先です。

 

ただし、本数を求めて同じクオリティのものを大量に生産しても意味がありません。

視聴者の反応を上げるにはどうするべきか、

  • 企画を見直したり
  • 動画編集のスキルを上げたり
  • ブランディングを見直したり
  • マーケティングを研究したり
  • 心理学を取り入れたり

など、改善し続けることが大切です。

 

それは本数が1本より10本、10本より100本の方が改善の回数が多いので、質が上がっていきます。

まずは、動画の本数を追求してみましょう。

 

チャンネルの宣伝にSNSをフル活用する

これは即効性はありませんし地道な活動にはなりますが、やっておいたほうがいいと思います。

取り扱うテーマや商材によって、適したSNSは変わってきますが、インスタやツイッターフェイスブックでも情報発信をし、アカウントをコツコツ育てて動画をアップした時は告知できる仕組みを作ると良いでしょう。

 

今は、インスタもツイッターも時間の長さに制限はありますが、動画をアップすることができます。

テレビの番組宣伝CMのように、Youtube動画のダイジェスト版を制作し、各SNSで紹介して注意を引き、興味がある人をYoutubeへ誘導する流れを作ることもできます。

せっかくの動画素材をあまり時間とコストをかけずに、あらゆる媒体に展開することが大切です。

 

SNSはプラットフォームによってユーザの特性が異なるので、Youtubeでは反応が悪かったけれど、Twitterではものすごくバズるという動画もあります。

動画を発信するプラットフォームはYoutubeだけにこだわらずに、いろんなところに同時に展開することが大切です。

-Youtube

Copyright© グロースショップ , 2019 All Rights Reserved.