書評

未来に先回りする思考法

ビジネス

『未来に先回りする思考法』佐藤航陽

内容 可視化 「楽しい」「おもしろい」「悲しい」などの感情は、これまで、複雑で理解しがたい、ブラックボックスとして扱われていました。 これからコンテンツがデジタル化され、読者の傾向がデータとして可視化 ...

説得いらずの高確率セールス

ビジネス

『売り込まなくても売れる! ― 説得いらずの高確率セールス』ジャック・ワース

内容 高確率セールス 【高確率セールス】では、パラダイムが「客に買わせる」ことから、《双方向のビジネスの下地があるかどうかを見る》ことにシフトする。   彼女は自分の問題に対する解決策を交渉 ...

渋谷ではたらく社長の告白

ビジネス

『渋谷ではたらく社長の告白』藤田晋

内容 信頼できるメディアに露出して勢いをつけたいと考えていました。   長時間労働 始めたばかりの会社は取引もまだ少なく、はっきり言って、意外とやることが無くて暇なのです。 ところが、長時間 ...

何が、会社の目的を妨げるのか

ビジネス

『何が、会社の目的を妨げるのか』ラミ ゴールドラット

内容 経営者 組織における本当の制約は 、経営者の注力だったのだ。 組織の中で最も希少なリソ ースは、経営者の時間であることがわかるだろう。   経営者の希少な時間が、あれもこれもといつもバ ...

クリティカルチェーン

ビジネス

『クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?』エリヤフ ゴールドラット

内容 プロジェクト プロジェクトでは、特にこの目的のことをスコープ(範囲)という言葉を使っている。 ヒトやカネといった「資源(リソース)」に制約があり、いつでもよいというわけにはいかない有期性(「納期 ...

ザ・ゴール2

ビジネス

『ザ・ゴール2』エリヤフ ゴールドラット

内容 予想精度 数が多ければ多いほど、予想精度は増す。 数学的な理論で言えば、販売店の数が多ければ多いほど、予想値の精度は合計する販売店数の平方根に比例して増す。 つまり、在庫の多くを二五ある各地の倉 ...

ザ・ゴール

ビジネス

『ザ・ゴール』エリヤフ ゴールドラット

内容 生産性 生産性とは目標に向かって会社を近づける、その行為そのものだ。 会社の目標に少しでも会社を近づけることのできる行為は、すべて生産的なんだよ。 その反対に目標から遠ざける行為は非生産的だ。 ...

The Art of Marketing

ビジネス

『The Art of Marketing』音部大輔

内容 入力と出力のギャップ 「入力と出力にギャップがある」ことです。 こちらからの入力(道具や体を通した働きかけ)に対して、完璧に期待通りの出力(描かれた線や出来上がった料理など、働きかけに対する結果 ...

コンテナ物語

ビジネス

『コンテナ物語』マルク・レビンソン

内容 コンテナの基本的なコンセプトは、「輸送単位を共通化し、鉄道、トラック、船によるシームレスな貨物輸送を実現する」ことにある。   輸送コストが高ければ、地元の消費者を相手にせざるを得ない ...

ビジネス

『論点思考』内田 和成

内容 「経営における最も重大なあやまちは、間違った答えを出すことではなく、間違った問いに答えることだ」   割れ窓理論 これは割れ窓理論に基づくものとされる。 建物の窓が壊れているのを放置す ...

仮説思考

ビジネス

『仮説思考』内田 和成

内容 仮説とは読んで字のごとく「仮の説」であり、われわれコンサルタントの世界では、「まだ証明はしていないが、最も答えに近いと思われる答え」である。 人間は自分で納得しないとなかなか前に進まないからであ ...

プロダクトマネジメントのすべて

ビジネス

『プロダクトマネジメントのすべて』及川 卓也

内容 プロダクト 目指すべきはマーケティングの力をそれほど借りなくても自立的に成長できるプロダクトである。   BtoBスタートアップ企業でとくにCEOが営業出身ともなるとプロダクトマネジメ ...

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

ビジネス

『SCRUM BOOT CAMP THE BOOK』西村 直人

内容 アジャイル開発 アジャイル開発手法に共通するのは、「事前にすべてを正確に予測し、計画することはできない」ということを前提にしている点です。   アジャイル開発では、どのくらいの期間や人 ...

いちばんやさしいアジャイル開発の教本

ビジネス

『いちばんやさしいアジャイル開発の教本』市谷聡啓

内容 タイムボックス このように時間を一定の間隔で区切り運用する考え方を「タイムボックス」と呼び、スクラムでは「スプリント」、スクラム以外では「イテレーション」と呼びます。   見積もり ア ...

起業の失敗大全

ビジネス

『起業の失敗大全』トム・アイゼンマン

内容 フライングと擬陽性 起業家には見たいものを見てしまう傾向があります。 擬陽性とは、一部のアーリーアダプター13の熱狂に魅せられた起業家が、その需要の強さをメインストリーム市場に誤って反映させ、ア ...

論語と算盤

ビジネス

『論語と算盤』渋沢 栄一

内容 第一印象 人と初めて会った時に得た印象によってその人の如何なるかを判断するのが、最も間違いのない正確な人物観察法なりとせられ、先生の著述になった『言志録』のうちには、「初見の時に相すれば人多く違 ...

アイデアのつくり方

ビジネス

『アイデアのつくり方』ジェームス W.ヤング

内容 アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。   アイデアの作られる全過程 第一 資料集め。諸君の当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生 ...

3分間コーチ

ビジネス

『3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術』伊藤守

内容 〈三分間コーチ〉は、次の〈二つの時間〉をとることを最優先させた、きわめてシンプルなマネジメント手法です。 ひとつは、部下について考える時間をとる。 もうひとつは、部下と的を絞った短い会話をするた ...

ビジョナリー・カンパニー2

ビジネス

『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』ジム コリンズ

内容 適切な人をバスに乗せる 最初に適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、適切な人がそれぞれにふさわしい席に坐ってから、どこに向かうべきかを決めている。 「人材こそがもっとも重要な資産だ」 ...

メルカリ

ビジネス

『メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間』奥平和行

内容 レバレッジは「てこ」を意味し、特に金融の世界では少ない資金で大きな取引を可能にすることを指す。 大きなことを成し遂げたいのであれば、多くの人の力を集結しなければいけない──。   フリ ...

PIXAR

ビジネス

『PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』ローレンス・レビー

内容 ストーリー 「きれいなグラフィックスを作れば人を数分は楽しませることができる。だが、人々を椅子から立てなくするのはストーリーなんだ」   オプション いつの日か、オプションが十分な価値 ...

SHIFT:イノベーションの作法

ビジネス

『SHIFT:イノベーションの作法』濱口 秀司

内容 SHIFTとJUMP 企業の創造活動のあり方が問われている。 企業の創造活動には、連続的な変化(improvement:改善)と、非連続的な変化(innovation:革新)がある。 後者はさら ...

プロフェッショナルマネジャー

ビジネス

『プロフェッショナルマネジャー』ハロルド ジェニーン

内容 経営 「経営はまず結論ありき」で、最終的に何を求めて経営していくかを決め、そこから逆算して、結論に至る方法を考えられる限り考え、いいと思う順からまず実行する。 そして、実行の足跡と結論を常に比較 ...

メタバース進化論

ビジネス

『メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界』バーチャル美少女ねむ

内容 映像性能 人間の「肉眼」が認識できる限界は約240Hzとも言われていますが、現在の日本の地上デジタル放送が30 Hzなので、2Dのコンテンツを鑑賞する分には、通常そこまで高くなくても実感としては ...

メタバース さよならアトムの時代

ビジネス

『メタバース さよならアトムの時代』加藤直人

内容 フォートナイト たとえばゲームモードの1つとして「クリエイティブ」モードを提供しており、自由にコンテンツを作成したり、フレンドと一緒に好きに遊んだりすることも可能だ。   ファッション ...

世界2.0

ビジネス

『世界2.0 メタバースの歩き方と創り方』佐藤航陽

内容 テクノロジーの発達プロセス 物理的な位置に着目した際にも、テクノロジーの発達していくプロセスには、ある法則性が存在しています。 先ほどテクノロジーは人間のもつ機能の拡張だと述べましたが、その拡張 ...

メタバースとWeb3

ビジネス

『メタバースとWeb3』國光 宏尚

内容 メタバース VRとARの違いはわかるけれどもMR、XR、ミラー・ワールドと言葉が雑然としてきてよくわからなくなっている、という感じなので、それらをリブランディングしたのがメタバースなのです。 ち ...

ベンチャー・キャピタリスト

ビジネス

『ベンチャー・キャピタリスト 世界を動かす最強の「キングメーカー」たち』後藤直義

内容 必要な人材 私は通常、スタートアップに必要な人材を二つのタイプに分けて考えています。 一つは「スーパービルダー」です。 スーパービルダーは、文字通り何でもつくれてしまう人で、1〜2週間もあればプ ...

ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

ビジネス

『ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか』酒井大輔

内容 標準化 すべてをマニュアル化して、誰でも運営できるシステムが確立されていた。 だから誰にでも引き継げるし、あまり頑張らなくても成果を出せる。   DNAは、オペレーションエクセレンシー ...

戦略質問

ビジネス

『戦略質問―短時間だからこそ優れた打ち手がひらめく』金巻 龍一

内容 ウォールームの4つのアングル ズームアウト(Zoom Out) いつも考えているよりもずっと長いスパンで物事を考え直すものである。   チェンジアングル(Change Angle) そ ...

法人顧客が購買を決める40の「価値要素」

ビジネス

『法人顧客が購買を決める40の「価値要素」』エリック・アルムキスト

内容 顧客企業の購入の背景にある合理的要素と感情的要素のすべてを認識し、それらに合わせて価値提案を構築することが、コモディティ化の罠に陥らないためには極めて重要である。   価値要素のピラミ ...

爆速成長マネジメント

ビジネス

『爆速成長マネジメント』イラッド・ギル

内容 あらゆるスタートアップ向けのアドバイスはコンテキストでしか役立たない。 誰にでも当てはまる汎用アドバイスがあるとするなら、「そんな汎用的なアドバイスなど存在しない」ことだろうか。 あくまであるひ ...

マネジャーの最も大切な仕事

ビジネス

『マネジャーの最も大切な仕事―95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力』テレサ・アマビール

内容 進捗の法則 マネージャーにとって最も大切なのは、「チームや部下にとってやりがいのある仕事が、毎日少しでも進捗するよう支援する」ことだと。 部下全員にその日の「Good=良かった点」「Bad=悪か ...

ジョブ理論

ビジネス

『ジョブ理論』クレイトン・M・クリステンセン

内容 ジョブ 顧客はある特定の商品を購入するのではなく、進歩するために、それらを生活に引き入れるというものだ。 この「進歩」のことを、顧客が片づけるべき「ジョブ」と呼び、ジョブを解決するために顧客は商 ...

達人のサイエンス

成功法則

『達人のサイエンス』ジョージ・レナード

内容 マスタリー マスタリーとは、「初めに困難であったことが、練習や実践を重ねるにしたがい、しだいに簡単で楽しいものに変わっていく不思議なプロセス」   マスタリーに到達するための最善の策と ...

起業のファイナンス

ビジネス

『起業のファイナンス』磯崎哲也

内容 ベンチャー企業 「今までとまったく違った(イノベーティブな)ビジネスのやり方を志向する企業」   ベンチャー企業を取り巻く社会というのは、特定の資源や取引先を囲い込むクローズドな社会で ...

フォーカル・ポイント

ビジネス

『フォーカル・ポイント』ブライアン・トレーシー

内容 フォーカル・ポイント 「もっとも大切なポイントを見きわめる能力」が、あなたが人生においてどれほどのことを達成できるかを決める。   人生の質を高める四つの方法 重要なことを増やす あな ...

発想力

ビジネス

『発想力 ~「0から1」を生み出す15の方法~』大前研一

内容 私たちは、総力を動員して、味と関係がありそうな全要素をリストアップした。 結果、さまざまな要素がコーヒーの味を左右することが判明した。 コーヒー豆はもちろん、コーヒー豆の粒径分布、お湯の温度、水 ...

妄想する頭 思考する手

ビジネス

『妄想する頭 思考する手』暦本 純一

内容 「素人のように発想し、玄人として実行する」   偉大な発明家にしても、数々のヒット曲を生み出すプロデューサーにしても、一発必中でもなければ、百発百中でもない。 じつは、山ほど失敗してい ...

予想どおりに不合理

ビジネス

『予想どおりに不合理』ダン アリエリー

内容 相対性 値の張るメイン料理をメニューに載せると、たとえそれを注文する人がいなくても、レストラン全体の収入が増えるということだ。 なぜだろう? たいていの人は、メニューのなかでいちばん高い料理は注 ...

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

ビジネス

『マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方』小川共和

内容 消費者心理 「消費者行動」は「消費者心理の変化」の「結果」にすぎません。 白黒はっきりする「消費者行動」だけでマーケティングを組み立てようとせず、「結果」の源となっている「消費者心理」に迫らなけ ...

PLG

ビジネス

『プロダクト・レッド・グロース「セールスがプロダクトを売る時代」から「プロダクトでプロダクトを売る時代」へ』ウェス・ブッシュ

内容 プロダクト・レッド・グロース(PLG) 2016年に米国のベンチャーキャピタルであるOpenViewが提唱した成長戦略だ。 フリーミアムを駆使してユーザーを獲得し、バイラル効果でユーザーベースを ...

恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす

ビジネス

『恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす』エイミー・C・エドモンドソン

内容 相互依存体制 会社がグローバルで複雑になるにつれ、チームで行う仕事がどんどん増えてきている。 今日の従業員はレベルを問わず、協働する時間が20年前に比べて50%増加しているのだ。 もはや、優秀な ...

はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ

ビジネス

『はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ』加藤 希尊

内容 カスタマージャーニーとは 出力としてのマップは「精度の高い仮説」となります。   ペルソナ その人物像は属するセグメントに共通の属性を備え、それゆえに「代表性」を持っている。 &nbs ...

インサイドセールス 訪問に頼らず、売上を伸ばす営業組織の強化ガイド

ビジネス

『インサイドセールス 訪問に頼らず、売上を伸ばす営業組織の強化ガイド』茂野 明彦

内容 インサイドセールスの役割 インサイドセールスには大きく分けて3つの役割が存在します。 主に問い合わせからお客様との商談の機会を創出するSDR ターゲット企業を選定し、主に手紙やアウトバウンドコー ...

ネット・プロモーター経営

ビジネス

『ネット・プロモーター経営―顧客ロイヤルティ指標 NPS で「利益ある成長」を実現する』フレッド・ライクヘルド

内容 顧客満足度の新指標として注目を集めたNPSだが、その本質は顧客からのフィードバックに真摯に向き合い、組織を徹底した顧客志向に変えていく「クローズド・フィードバック・ループ」の運用にある。 &nb ...

現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ

ビジネス

『現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ』相原 祐樹

内容 実際にこのページからは、1件の問い合わせ単価を5,000円程で獲得し、23%の確率でアポイントに繋がり、18%の確率で受注に至っています。 平均単価は25万円なので計算式はこうです。 問い合わせ ...

事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践

ビジネス

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原 康太

内容 マーケティングのオンライン化 いきなり商談を設定するのではなく、まずはオンラインセミナーやオンライン相談会等で顧客接点をつくる段階を踏み、その後に個別に商談の打診をするのは有力な選択肢です。 と ...

アイデア資本主義

ビジネス

『アイデア資本主義』大川内 直子

内容 インサイト 良いアイデアを生むためのキーとして重要なのが、インサイト(insight)です。 インサイトとは英語で洞察や見識といった意味をもつ単語ですが、マーケティングの文脈では消費者の言動の背 ...

データ・ドリブン・マーケティング

ビジネス

『データ・ドリブン・マーケティング』マーク・ジェフリー

内容 社内プロセスは効果測定を前提としていないし、データ・ドリブン・マーケティングに必要なITインフラも整っていない。 しかしながらそれ以前に、私の経験上、多くのマーケティング担当者は大量のデータに圧 ...

即決営業

ビジネス

『即決営業』堀口 龍介

内容 悩み解決 営業マンから話を聞いている時点で、そのお客様には「悩み」があります。 子どもの成績が伸びなくて困っている、太っている自分がイヤでやせたい、英語を話せるようになりたい……このような解決し ...

すごい「実行力」

ビジネス

『すごい「実行力」』石田 淳

内容 自発的に行動したくなる条件 やりたいからやる 行動するのが楽しい 行動したあとにいいことがあるのを知っている   ごほうび ほうびや称賛は本人にとってメリットであり、行動を促す動機付け ...

プロセスエコノミー

ビジネス

『プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる』尾原和啓

内容 コミュニティ コンテンツやモノ、サービスは、コミュニティとセットで欲しくなる、つまり、コミュニティとセットになって価値が上がるのです。 コンテンツやモノ、サービスのアウトプットそのものだけではな ...

ミレニアム・ファルコンを作った男

ビジネス

『ミレニアム・ファルコンを作った男』成田 昌隆

内容 ここでCGアニメーション制作の流れ 1.モデリング(人や物の外形をモデルとして制作) 2.テクスチャリング(モデルに色を塗る) 3.シェーダリング(ルックデベロプメントともいう。表面の反射率や透 ...

繁盛店が必ずやっている チラシ 最強のルール

ビジネス

『繁盛店が必ずやっている チラシ 最強のルール』渋谷 雄大

内容 チラシとは 「売らない」チラシにすることこそ、お客様の心をつかむ早道。 売らないチラシは、大規模店との差別化になる。 チラシはキッカケ作り。   チラシの構成 眺めるゾーン 感情に訴え ...

ビジョナリー・カンパニーZERO

ビジネス

『ビジョナリー・カンパニーZERO』ジム・コリンズ

内容 人間関係 「すばらしい人間関係を見分ける方法はあるのですか」 「2人に『この関係でどちらのほうが得をしているのか』を聞いて、両方が『自分』と答えるかどうかだ」   最高の人材 ピクサー ...

データ分析の力

ビジネス

『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』伊藤 公一朗

内容 問題は、XとYに相関関係があることがわかっても、その結果を用いて因果関係があるとは言えないことです。   因果関係を正しく分析するのは難しいという問題は、統計学用語では「バイアス」と呼 ...

コトラーのマーケティング4.0

ビジネス

『コトラーのマーケティング4.0』フィリップ・コトラー

内容 マーケティング4.0 社会的になればなるほど、自分だけのために作られたものをほしがる。 ビッグデータ分析に支えられて、製品はよりパーソナライズされ、サービスはよりパーソナルになる。 デジタル経済 ...

コーチング・マネジメント

ビジネス

『コーチング・マネジメント』伊藤守

内容 コーチという言葉が最初に登場したのは1500年代です。 もともとは「馬車」を指していました。 そこから新たに「大切な人を現地まで送り届ける」という意味が生まれました。   コーチングと ...

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

ビジネス

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』山口 周

内容 まず「論理と直感」という対比軸については、「論理」が、文字通り論理的に物事を積み上げて考え、結論に至るという思考の仕方である一方で、「直感」は、最初から論理を飛躍して結論に至るという思考として対 ...

センスは知識からはじまる

ビジネス

『センスは知識からはじまる』水野学

内容 「センスのよさ」とは、数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化する能力である。   クリエイティブディレクター 僕の定義するクリエイティブディレクターはもっと広範囲なものです。 ク ...

ビジネス

『キャズム Ver.2』ジェフリー・ムーア

内容 キャズム 中心テーマは、アーリー・アダプターとアーリー・マジョリティーのあいだを分かつ深く大きな溝、すなわちキャズムである。 これはテクノロジー・ライフサイクルにおいて、超えるのがもっとも難しい ...

ビジネス

『たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング』西口 一希

内容 なぜ、顧客が動いたのか? その行動変化の理由である心理変化に触れないままでは、大規模なマーケティング投資でスケールさせることができません。 顧客を把握しないマーケティングは必ず、部分最適の連続か ...

ビジネス

『転職と副業のかけ算』moto (戸塚 俊介)

内容 会社というのは、自分が何かを学ぶためにある場所ではなく、お金を生み出し、世の中をよくするための組織です。 そして、どこでも活躍できる人とは、組織を成長させられる人です。   業界の状況 ...

成功法則

『やり抜く人の9つの習慣』ハイディ・グラント・ハルバーソン

内容 目標 成功を望むなら、成功をイメージすると同時に、そこまでの障害をイメージすること。 そして、成功した自分と今の自分のコントラストを考えること。   成功をビジュアライゼーションするだ ...

ビジネス

『客家(はっか)大富豪の教え』甘粕 正

内容 考える 一度始めてしまうと、その後にできることは、時間が経てば経つほど、どんどん限られてくるんだよ。 何を始めるかを考えるために、最も多くの時間を費やすべきだな。 もちろん、大局の判断を間違えた ...

99.9%は幸せの素人

成功法則

『99.9%は幸せの素人』星 渉

内容 年収 年収800万円になるまでは、お金は私たちを幸せにしてくれるので、どんどん稼ぎましょう。 何かを犠牲にして得た2倍の年収では、幸福度もさほど上がらない。   幸福度が高まる経験の4 ...

完全教祖マニュアル

ビジネス

『完全教祖マニュアル』架神恭介

内容 教祖 教祖には二つの要素が必要だからです。 その一つが「思想」であり、もう一つが「実践」です。   教祖の成立要件は以下の二要素です。 つまり、「なにか言う人」「それを信じる人」 それ ...

モチベーション革命

ビジネス

『モチベーション革命』尾原和啓

内容 人間の欲望というのは、「達成・快楽・意味合い・良好な人間関係・没頭」の5つからなります。   人は自分にはできないこと、なし得ないことに対して、いくらでもお金を払うのだ、ということです ...

グローバルエリートが目指すハイエンドトラベル

ビジネス

『グローバルエリートが目指すハイエンドトラベル』山田理恵

内容 ハイエンドトラベラー 全世界の旅行者のたった3%に当たるハイエンドトラベラーが、全世界の旅行消費全体の4分の1を占めています。 世界のハイエンドトラベル市場の7割弱をアメリカやヨーロッパのマーケ ...

超★営業思考

ビジネス

『「あなたから買いたい」と言われる 超★営業思考』金沢 景敏

内容 母数を最大化 営業で成功するために最も重要なことは何か? 「答え」は簡単。 「母数」です。 毎日、毎週、毎月、どれだけ多くのお客様に会って、営業活動を行っているか。 その「母数」を最大化すること ...

ネガティブな感情が成功を呼ぶ

成功法則

『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』ロバート ビスワス=ディーナー

内容 するべきことが明瞭でない状況では、人格が表面に現れやすい。   この先何が起きるのか明確に分からない状況に耐え、意欲を必死に保ち、周囲からの支えも受けつつ自分の思いを見つめて進むという ...

ブリッツスケーリング

ビジネス

『ブリッツスケーリング』リード・ホフマン

内容 ブリッツスケーリングとは これは総力をあげて成長に集中する電撃戦だ。 たとえ先の読めない状況であっても、ブリッツスケーリングは効率よりもスピードを重視して、電撃的な成長を実現する。   ...

RANGE(レンジ)

ビジネス

『RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる』デイビッド・エプスタイン

内容 エリートと呼べるスポーツ選手は、低いレベルに留まる選手と比べて、非常に専門的で「意識的な」練習に、毎週多くの時間を費やしている。 フェデラーのようにさまざまなスポーツを試してみてから専門分野を決 ...

小売の未来

ビジネス

『小売の未来』ダグ・スティーブンス

内容 業界全体の浄化が始まり、元から経営不振だった企業は消えていき、切り抜けられる企業はこれまで以上に大きなシェアを確保します。 同時に、新規参入の余地が生まれ、成長の新たな機会ももたらされます。 & ...

ハイブリッドワーカー

ビジネス

『ハイブリッドワーカー』ヨシナガ

内容 ハイブリッドワーカー最大のポイントは〝お金を稼ぐため〟だけの副業ではなく、〝夢を追うため〟にも副業をやっているということ。   真逆の仕事だったから、振り子のように、月~金、土日と飽き ...

SINGLE TASK 一点集中術

ビジネス

『SINGLE TASK 一点集中術』デボラ・ザック

内容 「一点集中」を貫けば、濃密で強固な対人関係をはぐくみながら、いっそう成果をあげられるようになる。   マルチタスクを封印 タスクからタスクへと注意を向ける先を切り替える頻度の高さは、生 ...

ファンダム・レボリューション

ビジネス

『ファンダム・レボリューション』ゾーイ フラード=ブラナー

内容 バークシャー・ハサウェイの株券は投資の証拠というより、目標が形になったものであり、信仰を表すものでもある。 それは、信じる対象なのだ。 消費者は製品を気にかける。 ファンは製品が意味することを気 ...

YouTubeの時代

ビジネス

『YouTubeの時代』ケヴィン・アロッカ

内容 彼らは最初、人々が自分のプロフィール動画を撮影するだろうと考え、出会い系サイトとしてYouTubeを立ち上げた。   動画へのアクセスが多ければ多いほど、その複製の数も多くなり、さまざ ...

実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた

ビジネス

『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』橋下 徹

内容 人事・組織 「絶対的な正解を見つけることはできない」ということを前提に置くと、自分とは違う立場の人の意見を聞くことが非常に重要になってきます。 「周囲にイエスマンばかり置くな」というのは、一理あ ...

トップ販売員のInstagram力

ビジネス

『会わなくても“指名”される トップ販売員のInstagram力』艸谷 真由

内容 インスタを活用することで作れる未来 来客数に左右されず、安定した売上を生み出すことができる お客様が退店された後も繋がり続けることで、再来店のきっかけをつくれる インスタを通して、商品の取り置き ...

2030年すべてが「加速」する世界に備えよ

ビジネス

『2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ』ピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラー

内容 マッキンゼー・グローバル・リサーチの研究では、インターネットによって消滅した雇用が1とすれば、新たに生み出された雇用は2・6であることが明らかになった。   エクスポネンシャル・テクノ ...

MAKERS

ビジネス

『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』クリス・ アンダーソン

内容 「メイカームーブメント」が生み出す最大の力は、小規模でもグローバルになれる能力だ。 職人肌でありながら革新的。 ハイテクながら低コスト。 小さく生んで、大きく育てる。 そしてなんといっても、世界 ...

ビジネス

『ストーリーとしての競争戦略』楠木 建

内容 優れた戦略は、これと正反対のところにあります。 戦略を構成する要素がかみあって、全体としてゴールに向かって動いていくイメージが動画のように見えてくる。 全体の動きと流れが生き生きと浮かび上がって ...

ビジネス

『良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・ルメルト

内容 戦略とは、重大な課題に取り組むための分析や構想や行動指針の集合体と考えればよい。 戦略のカーネルは、診断、基本策定、行動の三つの要素で構成される。   平穏無事なときには戦略策定の手腕 ...

ダイレクトマーケティングの最先端

ビジネス

『ダイレクトマーケティングの最先端』梅澤伸嘉・西野博道

内容 第1巻 ダイレクトマーケティング革新の仕組み ダイレクトマーケティングとは、対話方式のマーケティングの仕組み。   ダイレクトマーケティングの重要な要素を読み取ると、 顧客にレスポンス ...

科学的な適職

ビジネス

『科学的な適職』鈴木祐

内容 情熱 一見すれば情熱を持って仕事に取り組むほうがよさそうに思えますが、実際には「仕事は仕事」と割り切ったほうが作業の上達が速く、すぐに仕事を辞めない傾向があったわけです。 いまの仕事に対する情熱 ...

サブスクリプション

ビジネス

『サブスクリプション』ティエン・ツォ

内容 サブスクリプション・モデル これからのビジネスの目標は、まず特定の顧客のウォンツ(欲求)とニーズ(必要)に着目し、そこに向けて継続的な価値をもたらすサービスを創造すること。   デジタ ...

ビジネス

『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』』山口 義宏

内容 ブランド戦略 ブランド戦略とは、既存の商品・サービスそのものや、広告、営業、接客など、その他あらゆる顧客接点で与えている印象を、一貫性があるように整えることが主な内容になります。 自社の商品・サ ...

「孫子の兵法」がわかる本

成功法則

『「孫子の兵法」がわかる本』守屋 洋

内容 『孫子』は、始計篇から始まって、作戦、謀攻、軍形、兵勢、虚実、軍争、九変、行軍、地形、九地、火攻、用間の計十三篇で構成されている。 合理的な思考を積み重ねることによって戦争に内在する法則性を取り ...

ネットビジネス進化論

ビジネス

『ネットビジネス進化論 何が「成功」をもたらすのか』尾原和啓

内容 ネットビジネスの歴史を丁寧にまとめた内容です。 主なトピックは、 ポータル キャッシュレス CtoC BtoC GCM ゲーム SNS コミュニティ ブロックチェーン クラウドファンディング シ ...

商売が苦手なイラストレーターのための仕事のつかまえかた

ビジネス

『商売が苦手なイラストレーターのための仕事のつかまえかた』森健司

内容 商売の基本原則 クリエイターが仕事を得るために最も大切なのは、まずは創り出す商品(作品)の価値が一定以上の水準にあることです。 職業として長く続けていくためには、商品的価値に加えて「商売として提 ...

ザ・コーチ3

ビジネス

『ザ・コーチ3 時間泥棒と賢者の地図』谷口貴彦

内容 幸せ 幸せとは、持つものではなくて感じるもの。 求めるものでも探すものでもない。 この瞬間に幸せはあふれている。 そして、それを感じる心そのものが、真の豊かさなんだ。   本当に大切な ...

ザ・コーチ2

ビジネス

『ザ・コーチ2 ― 神様からのギフト』谷口 貴彦

内容 大事なのは、相手を変えようとしないことです。 他者と過去は変えられません。 できないことにエネルギーを使うより、できることに投資しましょう。 できることとは、今の自分を変えることです。 &nbs ...

どこでも誰とでも働ける

ビジネス

『どこでも誰とでも働ける』尾原 和啓

内容 どこでも誰とでも働ける どんな職場で働いたとしても、周囲から評価される人材になる 世界中のどこでも、好きな場所にいながら、気の合う人と巡り会って働ける   世界がインターネット化するこ ...

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ビジネス

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』ジュリア・キャメロン

内容 アーティスト・ウェイを、基本的に創造性を軸にして実践される霊性の道と考えている。   自分の中にアーティストが住んでいることを認め、大切に守ってやることを学べば、痛みを乗り越え、自由に ...

ザ・コーチ

ビジネス

『ザ・コーチ』谷口 貴彦

内容 言葉 私たちは、経験したことや知り得たことを、言葉に変換して記憶しています。 そのやり方が、あまりにもいい加減で曖昧だということは、脳に蓄積されたせっかくの宝も、いい加減で曖昧な状態でたまってい ...

仕事は楽しいかね?

成功法則

『仕事は楽しいかね?』デイル・ドーテン

内容 多くの人 退屈と不安という双子だ。 人々は、したくもない仕事をし、同時にそれを失うことを恐れているんだ。 多くの人は、自分がどんな仕事が大好きか、どういう仕事をこの先ずっと、毎日、朝から晩までし ...

伝え方が9割

ビジネス

『伝え方が9割』佐々木 圭一

内容 伝え方やコトバの技術を持っている人は、働いても成果を出せるのです。   人生にはたくさんの分かれ道があります。 相手を動かす伝え方を知っているかいないかで、人生の大きなことから、日々の ...

デイトレード

投資

『デイトレード』オリバー ベレス

本の内容 初心者の集団を卒業したのは、手っ取り早く大金を儲けようなどという馬鹿げた考えを捨てることができたからである。 トレーディングを成功させる能力とは馬鹿を探す能力である。 本書を読めば、その馬鹿 ...

Copyright© Growth Shop , 2022 All Rights Reserved.