書籍

ゼロ

書籍

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』堀江 貴文

内容 まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。 ほんとうの成功とは、そこからはじまるのだ。 ゼロの自分に、イチを足そう。掛け算をめざさず、足し算からはじめよう。 他者の ...

一番になる人

書籍

『一番になる人』つんく♂

内容 妄想 妄想を抱かないかぎり、大きな仕事は成し得ない。 妄想を頭の中に置いておくだけだからただの妄想に終わってしまうのであって、人前で宣言することで妄想は立派な「計画」になり、「予定」になると考え ...

成りあがり

書籍

『成りあがり』矢沢永吉

内容 成功 音楽の世界で成功するやつ、言おうか。目立ちたいやつだけよ。 そういう気持ちがなきゃダメね。 人の前にでやるのが誰よりも好きなやつ、成功するよ。   オレ、二番嫌い。 一番ならなき ...

トラオ 徳田虎雄 不随の病院王

書籍

『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』青木 理

内容 一代で日本の病院グループを築き上げ、ALSという全身の筋肉が縮んでいく難病と闘いながら眼球の動きだけで経営している徳田虎雄の物語   面白かったポイント 徳洲会や徳田虎雄氏を知らなかっ ...

スティーブ・ジョブズ I

書籍

『スティーブ・ジョブズ I』ウォルター・アイザックソン

内容 スティーブは禅と深くかかわり、大きな影響を受けています。 ぎりぎりまでそぎ落としてミニマリスト的な美を追求するのも、厳しく絞り込んでゆく集中力も、皆、禅からくるものなのです。 かつてジョブズは父 ...

成功はゴミ箱の中に

書籍

『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』レイ・A. クロック

内容   成功 「未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる」 私は思考のスケールが小さいと、その人自身も小さいままに終わってしまうと思っている。   ガッツとそれを持 ...

商人道

書籍

『斎藤一人 商人道』尾形 幸弘

内容 上に立つ人はいいアイデアを出すんじゃないの。 出しやすくしてあげるのが指導者の役目なの。   いろんなことをゲームにしちゃう。 すごく残念な旅館でも「この旅館がほとんどお金をかけずに流 ...

道をひらく

書籍

『道をひらく』松下 幸之助

内容 素直さ 素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚れを生む。   素直さは人を強く正しく聡明にする。 逆境に素直に生き抜いてきた人、順境に素直に伸びてきた人、その道程は異なっても ...

ユダヤ人大富豪の教え

書籍

『ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇』本田 健

内容 人間は、このマトリクスの中をダンスするようにできている。 相手がもともとどこにいたとしても、自分と対極線上の場所に自動的にいってしまうのだ。   誰かとつながっているかぎり、そしてその ...

インド人大富豪 成功の錬金術

書籍

『インド人大富豪 成功の錬金術』サチン・チョードリー

内容 「自分を枠にはめるな!大きく考えよ。自分が学ぶことは自分が発する質問で決まる。世界中に友だちをつくれ!」 リライアンス・グループの創業者、故ディルバイ・アンバー氏   ジュガール ジュ ...

苫米地英人の金持ち脳

書籍

『苫米地英人の金持ち脳 ~捨てることから幸せは始まる~』苫米地 英人

認知科学者が定義する金持ち脳に興味があり購入しました。   内容   洗脳 本人の利益になっていれば洗脳ではないし、洗脳といってはならない。 ネガティブな感情、マイナスの感情を使う ...

「成功」と「失敗」の法則

書籍

『「成功」と「失敗」の法則』稲盛 和夫

経営者稲盛和夫の成功と失敗の法則。 タイトルに魅かれて手に取りました。   本の内容   哲学 心のあり方次第で現実の世界に極楽も地獄も出現するのです。 私は「試練」を経験すること ...

グルメ多動力

書籍

『グルメ多動力』堀江貴文

堀江さんが飲食店経営にどのようなアイデアがあるのか興味があり、読んでみました。   本の内容 ドタキャン対策 小さな店ならドタキャンにはLINEグループやFacebookの活用で十分に対策で ...

非常識な成功法則

書籍

『非常識な成功法則』神田 昌典

成功法則も気になりますが、マーケッターの神田さんなら成功法則をどんな文章で表現するのかが気になったので、読んでみました。   本の内容 世の中には、4つのタイプの人がいるわけだな。 お金が豊 ...

ジグ・ジグラーのポジティブ思考

書籍

『ジグ・ジグラーのポジティブ思考―可能性を開く6つのステップ』ジグ・ジグラー

アメリカの著名なモティベーターであるジグ ジグラーの本が面白かったので、こちらの本も読んでみたくなりました。   本の内容 トリガーノート アイデアを記録しておかないと、すぐに忘れてしまう。 ...

潜在脳力超活性化ブック

書籍

『潜在脳力超活性化ブック』ジグ ジグラー

『潜在脳力超活性化ブック』という、本のタイトルがちょっと怪しい雰囲気を出していますが、ジグ ジグラーはアメリカでは著名なモティベーターなので、読んでみました。   本の内容 ワンランク上の成 ...

読書を仕事につなげる技術

書籍

『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』山口 周

ビジネス書をより効率的に読み、知識を体系化したいという思いから、読書を仕事につなげるというキーワードに惹かれ読みました。   本の内容 価値あることはすべて独学を通じて学んだと思う。 私も独 ...

世界一わかりやすい「速読」の教科書

書籍

『世界一わかりやすい「速読」の教科書』斉藤 英治

速読は前から気になっていたので、わかりやすいと友人にすすめられたのが、『世界一わかりやすい「速読」の教科書』です。   本の内容 速読というと、1分間に〇〇文字読めるとか、写真を見るようにペ ...

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

書籍

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』堀江 貴文

ホリエモンがどんな本を読んでいるのか気になったので、『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』を購入しました。   本の内容 アイデアそのもの ...

読書は「アウトプット」が99%

書籍

『読書は「アウトプット」が99%』藤井 孝一

これまでいろんな本を読んできましたが、読みっぱなしでは忘れてしまったり、なんとなく身についていない感じがしたので、読書録やブログを書きたいとずっと思っていました。 その時に出会ったのが、『読書は「アウ ...

レバレッジリーディング

書籍

『レバレッジ・リーディング』本田直之

読書したいけど、時間がない。 もっと効率的に読書したい。 ということで、『レバレッジ・リーディング』を読みました。   レバレッジとは、てこという意味で、何か道具を使うことで効果を増大させる ...

大人のための読書の全技術

書籍

『大人のための読書の全技術』齋藤 孝

読書好きなのですが、日々の活動が忙しくなるとついつい読書から遠ざかってしまう期間があります。 読書の習慣を取り戻すために、読書術の本を読むのはおススメです。   今回は、『大人のための読書の ...

Copyright© グロースショップ , 2019 All Rights Reserved.