ビジネス

値上げのためのマーケティング戦略

ビジネス

『値上げのためのマーケティング戦略』菅野 誠二

内容 値引き 変動費が1個あたり60円で売値100円の商品を10万個売り上げていた企業は400万円の限界利益を得、そこから固定費が30%で300万円を引いた場合に、100万円を利益として得る。 もし価 ...

リフレクション

ビジネス

『リフレクション(REFLECTION)』熊平美香

内容 リフレクション リフレクション(Reflection)とは、自分の内面を客観的、批判的に振り返る行為です。 「内省」という言葉がもっとも近いでしょう。   私たちは、生活をする中で様々 ...

ロジカル・シンキング

ビジネス

『ロジカル・シンキング』照屋 華子

内容 メッセージ メッセージとは、次の3つの要件を満たしているものだ。 まず、そのコミュニケーションにおいて答えるべき課題(テーマ)が明快であること。 第2に、その課題やテーマに対して必要な要素を満た ...

心理学的経営

ビジネス

『心理学的経営 個をあるがままに生かす』大沢 武志

内容 心理学的経営 心理学的経営では、人間を「べき論」や建前論では見ない。 いくらルールで決まっているからといって、その通りに大半の人間が行動していなければ、人間を理解するのにそのルールは額面通りには ...

図解 組織開発入門

ビジネス

『図解 組織開発入門』坪谷邦生

内容 人 衰退の原因は「人」に起因しているため、「人」によって回復することも可能です。   人事担当者の方にこのビジョナリーカンパニーで最も学んで欲しいのは「誰をバスに乗せるか」です。 まず ...

図解 人材マネジメント入門

ビジネス

『図解 人材マネジメント入門』坪谷邦生

内容 やりがい 仕事を設計する原則としてハックマンとオルダムの「職務設計の中核五次元」をあげています。 「スキルの多様性」 「タスクアイデンティティ」 「仕事の有意義性」 「自律性」 「フィードバック ...

不確実性超入門

ビジネス

『不確実性超入門』田渕直也

内容 不確実性に対処 確率的に記述できる不確実性には確率的に対処する。 「蓋然的思考」とはまさに、モノゴトを断定的に捉えず、確率的に対処していくという考え方だ。 何か意思決定をする場合に、ただひとつの ...

新しい経営学

ビジネス

『新しい経営学』三谷宏治

内容 STP それを定めるのが「STP」なのです。 ●Segmentation(セグメンテーション) │市場細分化 ●Targeting(ターゲティング) │ターゲット設定 ●Positioning( ...

経営戦略全史

ビジネス

『経営戦略全史』三谷宏治

内容 労働意欲 ・ヒトは経済的対価より、社会的欲求の充足を重視する ・ヒトの行動は合理的でなく感情に大きく左右される ・ヒトは公式な組織よりも非公式な組織(職場内派閥や仲良しグループ)に影響されやすい ...

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法

ビジネス

『コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法』名和高司

内容 課題設定 何が本質的な問題なのかをきっちりと見極める「課題設定」である。 これがうまくいくと、問題解決全体の五〇%はできたことになるとされる。 最初の課題設定が悪いと、その後、何をやってもピンボ ...

小倉昌男 経営学

ビジネス

『小倉昌男 経営学』小倉昌男

内容 製造業・小売業 製造業は商圏が広い。 製品には全国ブランドが多いし、地方ブランドのものでも商圏は地方ブロックが普通である。 それに比べ、小売業の商圏は非常に狭い。 大きな百貨店やスーパーでもせい ...

成功しなきゃ、おかしい

ビジネス

『成功しなきゃ、おかしい』ジェイソン・レムキン

内容 成長するために 成長するために、まず準備しなければならないのは、「あったらいいなというもの」ではなく「なくてはならないもの」である。 利益をもっとも上げやすい分野、つまり、相手にとって明確な成果 ...

コトラーのマーケティング5.0

ビジネス

『コトラーのマーケティング5.0』フィリップ・コトラー

内容 あらゆる決定が十分なデータに基づいて行われなければならない。   二極化 トレンドに適応するために、産業界のプレーヤーたちはコストリーダーシップ戦略か顧客体験戦略のどちらかを追求してい ...

売上の地図

ビジネス

『売上の地図』池田 紀行

内容 マーケティングのゴールを「買ってもらうこと」と単純化した場合、重要な要素は2つに集約できる。 ブランド想起のされやすさ(メンタルアベイラビリティー)と、買い求めやすさ(フィジカルアベイラビリティ ...

“未”顧客理解

ビジネス

『“未”顧客理解 なぜ、「買ってくれる人=顧客」しか見ないのか?』芹澤 連

内容 口コミ 口コミもダブルジョパディ的な振る舞いを見せます。 つまりシェアの小さなブランドは口コミの数も少なく、シェアの大きなブランドになるほど口コミの数は増え、かつ内容も肯定的になる傾向があります ...

無形資産が経済を支配する

ビジネス

『無形資産が経済を支配する』ジョナサン・ハスケル

内容 無形資産への投資 雇用と解雇に制約の多い国は有形資産に多くを投資し、無形資産への投資は少ない。 労働市場規制が有形資産に与える影響は直感的にわかる。 社員の雇用や管理が本当に面倒なら、企業はむし ...

誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命

ビジネス

『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』森岡 毅

内容 リーダーシップ 相手への信頼や期待、そして目的達成への想いが強ければ強いほど、怒りの感情は強くなります。 もっと人を活かせるようにならなければ、自身の能力や 24時間や精神力に限定されて、それ以 ...

マーケティングとは「組織革命」である。

ビジネス

『マーケティングとは「組織革命」である。』森岡 毅

内容 クライアント企業が抱える課題に対して解決策という「魚」だけではなく、「釣り竿」と「釣り方」という〝ノウハウ〟を移植することで、クライアント企業が持続可能なマーケティング力を体得することを目指しま ...

究極のマーケティングプラン

ビジネス

『究極のマーケティングプラン』ダン・ケネディ

内容 マーケティング そもそも、「マーケティング」とは一体何だろう。 私は基本的にこう考えている。 適切なメッセージを、ふさわしいターゲットに、適切な手段と方法で到達させること。   メッセ ...

カスタマーサクセス

ビジネス

『カスタマーサクセス』ニック・メータ

内容 SaaSやサブスクリプションにおいて、あらゆる力がベンダーから顧客へと移ってきたように、企業における組織の力も新規顧客の獲得からカスタマーサクセスへと刻々と移りつつある。   カスタマ ...

ALL for SaaS

ビジネス

『ALL for SaaS』宮田 善孝

内容 SaaSはクラウドコンピューティングの一類型であり、ソフトウェアを提供する構成から定義付けたものである。 他方、サブスクリプションはビジネスモデルに着目し、その対価の受け取り方を定義したものであ ...

本当のブランド理念について語ろう

ビジネス

『本当のブランド理念について語ろう』ジム・ ステンゲル

内容 ブランド理念 ブランド理念は、単なる金額や数字の目標であってはならない。 金額や数字だけでは、人々のやる気をかき立てて大きな成果をあげさせることも、有能な人材を引き寄せ、つなぎとめることもできな ...

マイケル・ポーターの競争戦略

ビジネス

『マイケル・ポーターの競争戦略』ジョアン・マグレッタ

内容 「戦略の本質は、何をやらないかを選択することだ」 なぜなら戦略が失敗する原因として最も多いのが、これを怠ることだからだ。   適合性 適合性は、バリューチェーン内の活動間の相互関係に関 ...

エフォートレス思考

ビジネス

『エフォートレス思考』グレッグ・マキューン

内容 頑張ってもうまくいかないなら、別の道を探したほうがいい。 嫌なことを我慢するより、楽しくできるやり方を探したほうがいい。   「ビジネス戦略でもっとも大事なのは、いちばんシンプルで、簡 ...

Sales is

ビジネス

『Sales is 科学的に成果をコントロールする営業術』今井 晶也

内容 可能性 お客様が契約しているのは「商品」でもなければ「課題解決」でもなく、課題解決ができる「可能性」に契約しているのです。 私たち営業パーソンがスキルとして磨く必要があるのは、「可能性の見える化 ...

観察力の鍛え方

ビジネス

『観察力の鍛え方』佐渡島 庸平

内容 観察 観察:物事の状態や変化を客観的に注意深くみて、組織的に把握すること いい観察は、ある主体が、物事に対して仮説をもちながら、客観的に物事を観て、仮説とその物事の状態のズレに気づき、仮説の更新 ...

ハイパワー・マーケティング

ビジネス

『ハイパワー・マーケティング』ジェイ・エイブラハム

内容 ビジネスを大きくする方法 1クライアントの数を増やす 2クライアント1人あたりの平均販売額を増やす 3クライアントが購入する頻度を増やす   ●クライアントの数を数える ●1回の取引、 ...

人工知能は人間を超えるか

ビジネス

『人工知能は人間を超えるか』松尾 豊

内容 人工知能 検索エンジンに内蔵されていたり、ビッグデータをもとに自動的に判断したりするような人工知能である。 機械学習というのは、サンプルとなるデータをもとに、ルールや知識を自ら学習するものである ...

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

ビジネス

『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』大塚雄介

内容 現金 現金を所有することはできますが、ある特定の「一万円札」の持ち主が自分だと名乗ることはできません。 お札に所有者の名前が書いてあるわけではなく、この一万円札もあの一万円札も誰のものでもないか ...

ゼロ・トゥ・ワン

ビジネス

『ゼロ・トゥ・ワン』ピーター・ティール

内容 原則 小さな違いを追いかけるより大胆に賭けた方がいい 出来の悪い計画でも、ないよりはいい 競争の激しい市場では収益が消失する 販売はプロダクトと同じくらい大切だ   独占企業 リーン・ ...

デジタルマネー戦争

ビジネス

『デジタルマネー戦争』房広治

内容 現金・カードコスト 全世界78億人の人々は、今、年間約2兆件のお金のやり取りをしており、2023年にはそのコストが300兆円程度になるとマッキンゼーは予測しています。 現金やカードを使ったお金の ...

HIGH OUTPUT MANAGEMENT

ビジネス

『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』アンドリュー・S・グローブ

内容 マネジャーのアウトプット=自分の組織のアウトプット+自分の影響力が及ぶ隣接諸組織のアウトプット マネジャーのアウトプットは自分の率いる組織のアウトプットそのものであり、それ以上のものでも、それ以 ...

未来に先回りする思考法

ビジネス

『未来に先回りする思考法』佐藤航陽

内容 可視化 「楽しい」「おもしろい」「悲しい」などの感情は、これまで、複雑で理解しがたい、ブラックボックスとして扱われていました。 これからコンテンツがデジタル化され、読者の傾向がデータとして可視化 ...

説得いらずの高確率セールス

ビジネス

『売り込まなくても売れる! ― 説得いらずの高確率セールス』ジャック・ワース

内容 高確率セールス 【高確率セールス】では、パラダイムが「客に買わせる」ことから、《双方向のビジネスの下地があるかどうかを見る》ことにシフトする。   彼女は自分の問題に対する解決策を交渉 ...

渋谷ではたらく社長の告白

ビジネス

『渋谷ではたらく社長の告白』藤田晋

内容 信頼できるメディアに露出して勢いをつけたいと考えていました。   長時間労働 始めたばかりの会社は取引もまだ少なく、はっきり言って、意外とやることが無くて暇なのです。 ところが、長時間 ...

何が、会社の目的を妨げるのか

ビジネス

『何が、会社の目的を妨げるのか』ラミ ゴールドラット

内容 経営者 組織における本当の制約は 、経営者の注力だったのだ。 組織の中で最も希少なリソ ースは、経営者の時間であることがわかるだろう。   経営者の希少な時間が、あれもこれもといつもバ ...

クリティカルチェーン

ビジネス

『クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?』エリヤフ ゴールドラット

内容 プロジェクト プロジェクトでは、特にこの目的のことをスコープ(範囲)という言葉を使っている。 ヒトやカネといった「資源(リソース)」に制約があり、いつでもよいというわけにはいかない有期性(「納期 ...

ザ・ゴール2

ビジネス

『ザ・ゴール2』エリヤフ ゴールドラット

内容 予想精度 数が多ければ多いほど、予想精度は増す。 数学的な理論で言えば、販売店の数が多ければ多いほど、予想値の精度は合計する販売店数の平方根に比例して増す。 つまり、在庫の多くを二五ある各地の倉 ...

ザ・ゴール

ビジネス

『ザ・ゴール』エリヤフ ゴールドラット

内容 生産性 生産性とは目標に向かって会社を近づける、その行為そのものだ。 会社の目標に少しでも会社を近づけることのできる行為は、すべて生産的なんだよ。 その反対に目標から遠ざける行為は非生産的だ。 ...

The Art of Marketing

ビジネス

『The Art of Marketing』音部大輔

内容 入力と出力のギャップ 「入力と出力にギャップがある」ことです。 こちらからの入力(道具や体を通した働きかけ)に対して、完璧に期待通りの出力(描かれた線や出来上がった料理など、働きかけに対する結果 ...

コンテナ物語

ビジネス

『コンテナ物語』マルク・レビンソン

内容 コンテナの基本的なコンセプトは、「輸送単位を共通化し、鉄道、トラック、船によるシームレスな貨物輸送を実現する」ことにある。   輸送コストが高ければ、地元の消費者を相手にせざるを得ない ...

ビジネス

『論点思考』内田 和成

内容 「経営における最も重大なあやまちは、間違った答えを出すことではなく、間違った問いに答えることだ」   割れ窓理論 これは割れ窓理論に基づくものとされる。 建物の窓が壊れているのを放置す ...

仮説思考

ビジネス

『仮説思考』内田 和成

内容 仮説とは読んで字のごとく「仮の説」であり、われわれコンサルタントの世界では、「まだ証明はしていないが、最も答えに近いと思われる答え」である。 人間は自分で納得しないとなかなか前に進まないからであ ...

プロダクトマネジメントのすべて

ビジネス

『プロダクトマネジメントのすべて』及川 卓也

内容 プロダクト 目指すべきはマーケティングの力をそれほど借りなくても自立的に成長できるプロダクトである。   BtoBスタートアップ企業でとくにCEOが営業出身ともなるとプロダクトマネジメ ...

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

ビジネス

『SCRUM BOOT CAMP THE BOOK』西村 直人

内容 アジャイル開発 アジャイル開発手法に共通するのは、「事前にすべてを正確に予測し、計画することはできない」ということを前提にしている点です。   アジャイル開発では、どのくらいの期間や人 ...

いちばんやさしいアジャイル開発の教本

ビジネス

『いちばんやさしいアジャイル開発の教本』市谷聡啓

内容 タイムボックス このように時間を一定の間隔で区切り運用する考え方を「タイムボックス」と呼び、スクラムでは「スプリント」、スクラム以外では「イテレーション」と呼びます。   見積もり ア ...

起業の失敗大全

ビジネス

『起業の失敗大全』トム・アイゼンマン

内容 フライングと擬陽性 起業家には見たいものを見てしまう傾向があります。 擬陽性とは、一部のアーリーアダプター13の熱狂に魅せられた起業家が、その需要の強さをメインストリーム市場に誤って反映させ、ア ...

論語と算盤

ビジネス

『論語と算盤』渋沢 栄一

内容 第一印象 人と初めて会った時に得た印象によってその人の如何なるかを判断するのが、最も間違いのない正確な人物観察法なりとせられ、先生の著述になった『言志録』のうちには、「初見の時に相すれば人多く違 ...

アイデアのつくり方

ビジネス

『アイデアのつくり方』ジェームス W.ヤング

内容 アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。   アイデアの作られる全過程 第一 資料集め。諸君の当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生 ...

3分間コーチ

ビジネス

『3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術』伊藤守

内容 〈三分間コーチ〉は、次の〈二つの時間〉をとることを最優先させた、きわめてシンプルなマネジメント手法です。 ひとつは、部下について考える時間をとる。 もうひとつは、部下と的を絞った短い会話をするた ...

Copyright© ぐんし , 2022 All Rights Reserved.