ビジネス

瞬考

ビジネス

『瞬考』山川隆義

内容 仮説 ありていに言えば、「単に知っているから」仮説が湧くのだ。 知っていることは、すぐに思いつける。   仮説構築力の源泉となるのは、インプット。 アナロジーによってメカニズムを発見し ...

戦略読書日記

ビジネス

『戦略読書日記』楠木 建

内容 センス 自らセンスを磨くにはどうしたらよいのか。 もっとも有効なのは、実際に経営者として戦略をつくって動かすという経験をすること。 要は場数を踏むことだ。   優れた経営者はあらゆる文 ...

最強のデータ分析組織

ビジネス

『最強のデータ分析組織』河本 薫

内容 業務改善と業務改革 業務改善は現状の意思決定プロセスは肯定したうえで、既存のプロセスのなかで工夫を積み重ねることを指すものとしているのに対し、業務改革は現状の意思決定プロセスの一部を否定し、新た ...

経営に終わりはない

ビジネス

『経営に終わりはない』藤沢 武夫

内容 組織 私としては、そういっては語弊があるけれども、創業期の会社にはあまり優秀な人は入ってこない。 企業が成長して、実績ができて、まして有名になってくれば、人材は集まってくるだろう。 そのときまで ...

ビジネス

『ビジネス会食 完全攻略マニュアル』yuuu

内容 会食 1ビジネス上の目的を設定する ビジネス目的のない会食はビジネスの推進に繋がらないため、経費ではなくプライベートで各自お金を出し合って開催すべき「飲み会」だ。 2ゲストファーストである 「ゲ ...

完全独習 統計学入門

ビジネス

『完全独習 統計学入門』小島 寛之

内容 統計学 統計学は、2つのパーツから成り立っています。 記述統計というのは、要するに、得られたデータからその特徴を抜き出すためのテクニック 推測統計というのは、統計学の手法と確率理論をミックスして ...

統計学が最強の学問である

ビジネス

『統計学が最強の学問である』西内 啓

内容 ムダなリスクやコストを避けることはもちろん重要だが、統計学的な裏付けもないのにそれが絶対正しいと決めつけることと同じくらい、統計学的な裏付けもないのにそれが絶対誤りだと決めつけることも愚か 正解 ...

チームが機能するとはどういうことか

ビジネス

『チームが機能するとはどういうことか』エイミー・C・エドモンドソン

内容 うまくデザインされたチームには、明確な目標をはじめ、共同作業を促す熟慮された仕事、その仕事に見合う適切なスキルと経験を持つチームメンバー、十分な資源、そして指導や支援を受ける機会が備わっているの ...

ネットワーク・エフェクト

ビジネス

『ネットワーク・エフェクト』アンドリュー・チェン

内容 ネットワーク効果 「ネットワーク効果」の絡み合う3つの効果を解説する。   ひとつは「ユーザー獲得効果」。 新規顧客の獲得を促進することだ。 つまりバイラル成長のことである。 ネットワ ...

ビジネス・フォー・パンクス

ビジネス

『ビジネス・フォー・パンクス』ジェームズ・ワット

内容 失敗から学べるのは、実力が足りないということと、もっと実力が必要だということだけだ。 はっきり言って、意味のある学びは成功の中にしかない。   ブランド ブランド力は常に、守備範囲の広 ...

Who You Are

ビジネス

『Who You Are』ベン・ホロウィッツ

内容 行動はかならず言葉にまさる。 それが文化というものだ。   意思決定のプロセスがどのようなものであっても、「反対しコミットする」ことを厳格なルールとして守らせることが、健全な企業文化を ...

HARD THINGS

ビジネス

『HARD THINGS』ベン ホロウィッツ

内容 自分へのメモ「やっていないことは何か?」を聞くのは良いアイデアだ。   私はある重要な教訓を得た スタートアップのCEOは確率を考えてはいけない。 会社の運営では、答えがあると信じなき ...

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

ビジネス

『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』借金玉

内容 発達障害式「仕事」の原則 1集約化(ぶっこみ) 2一覧性 3一手アクセス   発達障害式「仕事」の原則 現場の日常業務というのは「誰かに教えてもらう」もしくは「見て盗む」のような習得方 ...

働き方2.0vs4.0

ビジネス

『働き方2.0vs4.0』橘 玲

内容 とびきり優秀なエンジニアだけをそろえた小さなチームの方が、仕事熱心なエンジニアの大きなチームよりもよい仕事をしていたことでした。 大規模な人員整理で中間管理職をごっそり解雇して以来、いちいち意見 ...

ビジネス

『小さな会社で大きく稼ぐ! 最強のビジネスモデル』中村裕昭

内容 ビジネスを選択する判断基準 売上を作りやすく利益を多く残せるか? 資金の回転スピードは早いか? リピート性は高いか?もしくは生み出しやすいか? 小資本で立ち上げられるか? 優位性(差別化)を築く ...

いちばんやさしいビジネスモデルの教本

ビジネス

『いちばんやさしいビジネスモデルの教本』

内容 アイデアの原石 「違和感」こそがビジネスの原石私たちがふだん生活を送るなかで、「こんなサービスがあったらいいのに」とか「なんでこんなに不便なんだろう」といったモヤモヤとした違和感を覚えることがあ ...

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

ビジネス

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』橘玲

内容 資産形成 =(収入-支出) +(資産×運用利回り)   ❶収入を増やす ❷支出を減らす ❸運用利回りを上げる   お金持ちの方程式は、個人でも企業でも同じです。 純利益を増や ...

新規事業を成功させるPMFの教科書

ビジネス

『新規事業を成功させるPMFの教科書』栗原 康太

内容 PMFの定義 顧客のニーズを満たす商品で、正しい市場(潜在的な顧客がたくさんいる市場)にいることをPMF   あなたが製品をつくるスピードと同じスピードで、顧客は製品を買っている、また ...

ビジネスモデル2.0図鑑

ビジネス

『ビジネスモデル2.0図鑑』近藤 哲朗

内容 見える化 最も多い依頼は「自分の会社のビジネスモデルを一度図解して、可視化してもらえないか」というものだ。 特に大企業になると、事業の数が多い分、自社がどのようなビジネスモデルで運営され、どこに ...

ビジネスの仕組みがわかる 図解のつくりかた

ビジネス

『ビジネスの仕組みがわかる 図解のつくりかた』近藤哲朗

内容 ビジネスモデル図解とは、「そのビジネスは誰(何)が関係してるの?どんな関係なの?を知るためのツール」である。   図解ルール ルール1:主体を3×3で構成する ルール2:モノ・カネ・情 ...

ビジネスダッシュボード 設計・実装ガイドブック

ビジネス

『ビジネスダッシュボード 設計・実装ガイドブック』トレジャーデータ

内容 ダッシュボードは可視化して終わりではなく、「ビジネス課題を解決するためのもの」です。   ダッシュボードの条件 「ビジネス上の目的達成に繋がるデータがリアルタイムかつ継続的に可視化され ...

ビジネス

『経営を強くする戦略経営企画』株式会社日本総合研究所

内容 経営企画の役割 本質的な役割を「会社の中心部で企業価値向上をリードすること」であると捉える。   より具体的には、全社レベルでの重点推進課題や部門横断課題について経営者や経営ビジョンの ...

ビジネス

『外資系コンサルのスライド作成術』山口 周

内容 スライドの役割は「ビジネスにおけるコミュニケーションを効率化する」ことにあると考えています。 もう少し正確に言えば、「ビジネスにおけるコミュニケーションを、より早く、より正確に、より少ない労力で ...

すごい需要予測

ビジネス

『すごい需要予測』山口 雄大

内容 需要予測 これからの需要予測では、市場、顧客に関するデータを主体的に収集し、その背景を解釈しようとするデータのオーナーシップを持ち、ステークホルダーに予測の根拠をわかりやすく伝える説明責任を負っ ...

ビジネス

『無理ゲー社会』橘玲

内容 学習にとって重要なのは、子どもが教師の能力を信頼していることだ。 たとえその教師が嫌われていても、生徒から有能だと認められていれば、そのクラスは習得度がもっとも高かった。 私たちは、相手にどの程 ...

ビジネス

『ザ・ダークパターン』仲野 佑希

内容 ビジネスにおける説得力とは何か。 それは一貫性です。   どのダークパターンも、ユーザー(消費者)に対して、次の3つのいずれかを行うように設計されている点です。 1.より多くのお金を支 ...

ビジネス

『はじめてのUXデザイン図鑑』荻原昂彦

内容 UXデザインのための脚本作りの5ステップ ①体験の“主人公”の解像度を上げる ②“結末”を描く ③“シーン”を多面的に理解する ④“あらすじ”を決める ⑤“登場人物”と“小道具”を配置する &n ...

ビジネス

『カイゼン・ジャーニー』市谷 聡啓

内容 期待マネジメント 不確定要素が多くて、難易度が高いプロジェクトであればあるほど、「期待マネジメント」に取り組む必要がある。 具体的には、「二つの期待」をマネジメントする。 ①内側の期待:チームに ...

セールス・イネーブルメント 世界最先端の営業組織の作り方

ビジネス

『セールス・イネーブルメント 世界最先端の営業組織の作り方』山下貴宏

内容 「成果を出す営業社員を輩出し続ける人材育成の仕組み」 組織として必要な「ビジネス成果」が最初にあり、そのための「育成施策」が企画・実施され、「効果」がどうだったかを検証するというサイクル &nb ...

最高の結果を出すKPIマネジメント

ビジネス

『最高の結果を出すKPIマネジメント』中尾隆一郎

内容 KPIマネジメントとは、次の3点を関係者全員で共有・実行・改善し続けることです。 ①現在の事業にとっての最重要プロセスを明確にし(=CSF) ②それをどの程度実行すると(=KPI) ③事業計画が ...

女子大生、オナホを売る。

ビジネス

『女子大生、オナホを売る。』神山 理子

内容 勝率を上げる 購入理由が曖昧な顧客に対して、購入理由が明確になるような「コンセプト力の高い商品」を用意することで、新規参入商品でも優位性が高くなり、勝率が上がるのです。   新規参入で ...

生き残るためのDX

ビジネス

『マッキンゼーが解き明かす 生き残るためのDX』黒川 通彦

内容 企業文化変革 繰り返し「マッキンゼーが考えるDX(デジタル・トランスフォーメーション)の本質は、企業文化変革である」と発信してきました。 企業文化変革とは、一言でいえば、企業が生き残るための破壊 ...

解像度を上げる

ビジネス

『解像度を上げる』馬田隆明

内容 解像度が高い人が持っている4つの視点 深さの視点とは、原因や要因、方法を細かく具体的に掘り下げる 広さの視点とは、考慮する原因や要因、アプローチの多様性を確保する 構造の視点とは、「深さ」や「広 ...

Zero to IPO

ビジネス

『Zero to IPO』フレデリック・ケレスト

内容 偉大な創業者の大半 創業者がリスクを好む可能性が高いのではなく、ほかの人に比べてリスクを計算する能力が高いというものだ。 「彼らはこの世界にほかの人が気づかないような関係性を見つける」とマクファ ...

すぐに未来予測ができるようになる62の法則

ビジネス

『すぐに未来予測ができるようになる62の法則』日下 公人

内容 五感 人間の五感を、大脳における神経密度の高いものから低いものへと順に並べると、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚とランクづけできるという人がいる。 おもしろいことに、人間が豊かになっていくと、目や耳 ...

システムを作らせる技術

ビジネス

『システムを作らせる技術』白川克

内容 歴史上の優れたリーダーや企業は一般とは違い、「Why ⇒ How ⇒ What」の順番で他人を説得する。   標準化 ルールやデータは完全に標準化・一元化する。 そして業務とシステムに ...

確率思考の戦略論

ビジネス

『確率思考の戦略論』森岡 毅

内容 戦略 単純な話、勝てる戦いを探しているだけなのです。 「ビジネス戦略の成否は『確率』で決まっている。そしてその確率はある程度まで操作することができる」 戦略の確率を事前に知り、コントロールしやす ...

マーケティング思考

ビジネス

『マーケティング思考』山口 義宏

内容 なぜ事業の成長ができたかは、そこまで単純化して答えるのは難しい。 なぜなら、複合的な意思決定と施策の掛け算の積み重ねによる成果だから。   事業を成長させるために必要な3つの要素 戦略 ...

いきなり効果があがるPR動画の作り方

ビジネス

『いきなり効果があがるPR動画の作り方』シナリオ・センター

内容 動画制作プロセス 動画を制作するプロセスは、たった4つしかありません。 1シナリオ制作・前→第1章 シナリオ制作・前は、動画を使って、何を伝えるのかという目的、誰に伝えるのかというターゲット、ど ...

SNSマーケティング術

ビジネス

『元・手取り18万円の貧乏教員が起業1年で月商3.6億円を達成したSNSマーケティング術』イングリッシュおさる

内容 オンラインマーケティング3.0 SNSや広告で無料オファーを使って、ファンを自分のページに集める ファンの人に、一番成果が出やすい個別指導や講座の高額商品を販売する 「2」で購入しなかった人に、 ...

不況を勝ち抜く予算管理ガイドブック

ビジネス

『不況を勝ち抜く予算管理ガイドブック』芳野剛史

内容 予算管理 予算管理とは、財務的な目標を管理するツールであると同時に、「経営の見える化」のツールでもある。 年初の財務的な目標値を月次などで実績値と対比をさせ、どこが順調で、どこが問題かを確認し、 ...

人事と採用のセオリー

ビジネス

『人事と採用のセオリー』曽和利光

内容 人事の機能 人事の機能は一般に、「採用」「育成」「配置」「評価」「報酬」「代謝」の6つに分けられます。   流動性 人事の世界では「内部流動性(異動)と外部流動性(転職)はトレードオフ ...

急成長を導くマネージャーの型

ビジネス

『急成長を導くマネージャーの型』長村 禎庸

内容 マネジメント 事業基盤が弱い「ベンチャーにおけるマネジメント」   創業者が掲げるN年後の壮大なビジョンを、3年程度のスパンでの具体的な目標・方針に落とし込み、KPIを定め、KPIを達 ...

SaaSの科学

ビジネス

『SaaSの科学 SaaSビジネスにおけるデータ分析』ぽこしー

内容 SaaS 業界を問わず特定の部門や業務に特化したSaaSを「Horizontal SaaS(ホリゾンタル SaaS)」と言います。 これに対して、特定の業界に特化したSaaSを「Vertical ...

業務改革の教科書

ビジネス

『業務改革の教科書』白川克

内容 すぐれた組織 真にチームワークにすぐれた組織では ・同じ穴のムジナではなく、自分にないモノを持った人を集める ・他のメンバーの色に応じて、自分が演じる役割を微調整する(バランス感覚) という力学 ...

ORIGINALS

ビジネス

『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』アダム・グラント

内容 オリジナリティ 最低所得者層は一貫して、最高所得者層よりも「現状を支持する傾向がある」 オリジナリティの最たるポイントは、「既存のもの」を疑い、よりよい選択肢を探すことだ。 「成果をあげたいとい ...

参謀の思考法

ビジネス

『参謀の思考法』荒川 詔四

内容 全体最適 「全体最適を図る」とは、「会社はどうあるべきか?」という理想像・未来像を実現するために、「部分最適」を超えて、創造的に社内のリソースの配分を考えることにほかなりません。 つまり、参謀に ...

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

ビジネス

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』森岡 毅

内容 消費者視点 「消費者視点(Consumer Driven)」という価値観と仕組みにUSJを変えたことです。 USJが消費者視点の会社に変わったということが、V字回復の最大の原動力だと思います。 ...

三位一体の経営

ビジネス

『経営者・従業員・株主がみなで豊かになる 三位一体の経営』中神 康議

内容 複利 「どのレベルの複利を出せばよいか」という問いにひとことで答えると、「超過利潤」が出せるレベルまでということになります。 もうちょっと具体的に言うと、「資本コスト」を超える利回りを出し、それ ...

マスター・オブ・スケール

ビジネス

『マスター・オブ・スケール』リード・ホフマン

内容 企業の多くが5000ドル(約65万円)足らずで開業している。 何より重要なのは知識と洞察力とインスピレーションなのだ。   会社の規模 会社が大きくなるにつれて、このような手の込んだ仕 ...

シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカント

ビジネス

『シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカント』エリック・ジョーゲンソン

内容 富 努力は富とはほとんど関係ない。 週80時間食堂で働こうが、リッチにはなれない。 リッチになるということは、「何をするか」「誰とするか」「いつするか」を理解するということなんだ。   ...

多様性の科学

ビジネス

『多様性の科学』マシュー・サイド

内容 アリの巣はいわゆる「創発システム」〔個々の単純な和にとどまらない組織〕だ。 アリストテレスの言葉にもあるように、「全体は部分の総和に勝る」のだ。   「視点が多様化すればするほど、見つ ...

ブランディングの科学

ビジネス

『ブランディングの科学』バイロン・シャープ

内容 1.マーケットシェアは認知度が上がることで、つまり、いかなるタイプの購買客であれ、その数が増えることで成長する。 その多くがブランドをたまにしか買わないライトユーザーである。   2. ...

SHOE DOG

ビジネス

『SHOE DOG』フィル・ナイト

内容 失敗するならするでもいい。 さっさと失敗して、それを教訓として一からやり直す時間や年月が持てればいい。   他人のためになんて働きたくない。 自分だけのもの、「これを作ったのは僕だ」と ...

値上げのためのマーケティング戦略

ビジネス

『値上げのためのマーケティング戦略』菅野 誠二

内容 値引き 変動費が1個あたり60円で売値100円の商品を10万個売り上げていた企業は400万円の限界利益を得、そこから固定費が30%で300万円を引いた場合に、100万円を利益として得る。 もし価 ...

リフレクション

ビジネス

『リフレクション(REFLECTION)』熊平美香

内容 リフレクション リフレクション(Reflection)とは、自分の内面を客観的、批判的に振り返る行為です。 「内省」という言葉がもっとも近いでしょう。   私たちは、生活をする中で様々 ...

ロジカル・シンキング

ビジネス

『ロジカル・シンキング』照屋 華子

内容 メッセージ メッセージとは、次の3つの要件を満たしているものだ。 まず、そのコミュニケーションにおいて答えるべき課題(テーマ)が明快であること。 第2に、その課題やテーマに対して必要な要素を満た ...

心理学的経営

ビジネス

『心理学的経営 個をあるがままに生かす』大沢 武志

内容 心理学的経営 心理学的経営では、人間を「べき論」や建前論では見ない。 いくらルールで決まっているからといって、その通りに大半の人間が行動していなければ、人間を理解するのにそのルールは額面通りには ...

図解 組織開発入門

ビジネス

『図解 組織開発入門』坪谷邦生

内容 人 衰退の原因は「人」に起因しているため、「人」によって回復することも可能です。   人事担当者の方にこのビジョナリーカンパニーで最も学んで欲しいのは「誰をバスに乗せるか」です。 まず ...

図解 人材マネジメント入門

ビジネス

『図解 人材マネジメント入門』坪谷邦生

内容 やりがい 仕事を設計する原則としてハックマンとオルダムの「職務設計の中核五次元」をあげています。 「スキルの多様性」 「タスクアイデンティティ」 「仕事の有意義性」 「自律性」 「フィードバック ...

不確実性超入門

ビジネス

『不確実性超入門』田渕直也

内容 不確実性に対処 確率的に記述できる不確実性には確率的に対処する。 「蓋然的思考」とはまさに、モノゴトを断定的に捉えず、確率的に対処していくという考え方だ。 何か意思決定をする場合に、ただひとつの ...

新しい経営学

ビジネス

『新しい経営学』三谷宏治

内容 STP それを定めるのが「STP」なのです。 ●Segmentation(セグメンテーション) │市場細分化 ●Targeting(ターゲティング) │ターゲット設定 ●Positioning( ...

経営戦略全史

ビジネス

『経営戦略全史』三谷宏治

内容 労働意欲 ・ヒトは経済的対価より、社会的欲求の充足を重視する ・ヒトの行動は合理的でなく感情に大きく左右される ・ヒトは公式な組織よりも非公式な組織(職場内派閥や仲良しグループ)に影響されやすい ...

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法

ビジネス

『コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法』名和高司

内容 課題設定 何が本質的な問題なのかをきっちりと見極める「課題設定」である。 これがうまくいくと、問題解決全体の五〇%はできたことになるとされる。 最初の課題設定が悪いと、その後、何をやってもピンボ ...

小倉昌男 経営学

ビジネス

『小倉昌男 経営学』小倉昌男

内容 製造業・小売業 製造業は商圏が広い。 製品には全国ブランドが多いし、地方ブランドのものでも商圏は地方ブロックが普通である。 それに比べ、小売業の商圏は非常に狭い。 大きな百貨店やスーパーでもせい ...

成功しなきゃ、おかしい

ビジネス

『成功しなきゃ、おかしい』ジェイソン・レムキン

内容 成長するために 成長するために、まず準備しなければならないのは、「あったらいいなというもの」ではなく「なくてはならないもの」である。 利益をもっとも上げやすい分野、つまり、相手にとって明確な成果 ...

コトラーのマーケティング5.0

ビジネス

『コトラーのマーケティング5.0』フィリップ・コトラー

内容 あらゆる決定が十分なデータに基づいて行われなければならない。   二極化 トレンドに適応するために、産業界のプレーヤーたちはコストリーダーシップ戦略か顧客体験戦略のどちらかを追求してい ...

売上の地図

ビジネス

『売上の地図』池田 紀行

内容 マーケティングのゴールを「買ってもらうこと」と単純化した場合、重要な要素は2つに集約できる。 ブランド想起のされやすさ(メンタルアベイラビリティー)と、買い求めやすさ(フィジカルアベイラビリティ ...

“未”顧客理解

ビジネス

『“未”顧客理解 なぜ、「買ってくれる人=顧客」しか見ないのか?』芹澤 連

内容 口コミ 口コミもダブルジョパディ的な振る舞いを見せます。 つまりシェアの小さなブランドは口コミの数も少なく、シェアの大きなブランドになるほど口コミの数は増え、かつ内容も肯定的になる傾向があります ...

無形資産が経済を支配する

ビジネス

『無形資産が経済を支配する』ジョナサン・ハスケル

内容 無形資産への投資 雇用と解雇に制約の多い国は有形資産に多くを投資し、無形資産への投資は少ない。 労働市場規制が有形資産に与える影響は直感的にわかる。 社員の雇用や管理が本当に面倒なら、企業はむし ...

誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命

ビジネス

『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』森岡 毅

内容 リーダーシップ 相手への信頼や期待、そして目的達成への想いが強ければ強いほど、怒りの感情は強くなります。 もっと人を活かせるようにならなければ、自身の能力や 24時間や精神力に限定されて、それ以 ...

マーケティングとは「組織革命」である。

ビジネス

『マーケティングとは「組織革命」である。』森岡 毅

内容 クライアント企業が抱える課題に対して解決策という「魚」だけではなく、「釣り竿」と「釣り方」という〝ノウハウ〟を移植することで、クライアント企業が持続可能なマーケティング力を体得することを目指しま ...

究極のマーケティングプラン

ビジネス

『究極のマーケティングプラン』ダン・ケネディ

内容 マーケティング そもそも、「マーケティング」とは一体何だろう。 私は基本的にこう考えている。 適切なメッセージを、ふさわしいターゲットに、適切な手段と方法で到達させること。   メッセ ...

カスタマーサクセス

ビジネス

『カスタマーサクセス』ニック・メータ

内容 SaaSやサブスクリプションにおいて、あらゆる力がベンダーから顧客へと移ってきたように、企業における組織の力も新規顧客の獲得からカスタマーサクセスへと刻々と移りつつある。   カスタマ ...

ALL for SaaS

ビジネス

『ALL for SaaS』宮田 善孝

内容 SaaSはクラウドコンピューティングの一類型であり、ソフトウェアを提供する構成から定義付けたものである。 他方、サブスクリプションはビジネスモデルに着目し、その対価の受け取り方を定義したものであ ...

本当のブランド理念について語ろう

ビジネス

『本当のブランド理念について語ろう』ジム・ ステンゲル

内容 ブランド理念 ブランド理念は、単なる金額や数字の目標であってはならない。 金額や数字だけでは、人々のやる気をかき立てて大きな成果をあげさせることも、有能な人材を引き寄せ、つなぎとめることもできな ...

マイケル・ポーターの競争戦略

ビジネス

『マイケル・ポーターの競争戦略』ジョアン・マグレッタ

内容 「戦略の本質は、何をやらないかを選択することだ」 なぜなら戦略が失敗する原因として最も多いのが、これを怠ることだからだ。   適合性 適合性は、バリューチェーン内の活動間の相互関係に関 ...

エフォートレス思考

ビジネス

『エフォートレス思考』グレッグ・マキューン

内容 頑張ってもうまくいかないなら、別の道を探したほうがいい。 嫌なことを我慢するより、楽しくできるやり方を探したほうがいい。   「ビジネス戦略でもっとも大事なのは、いちばんシンプルで、簡 ...

Sales is

ビジネス

『Sales is 科学的に成果をコントロールする営業術』今井 晶也

内容 可能性 お客様が契約しているのは「商品」でもなければ「課題解決」でもなく、課題解決ができる「可能性」に契約しているのです。 私たち営業パーソンがスキルとして磨く必要があるのは、「可能性の見える化 ...

観察力の鍛え方

ビジネス

『観察力の鍛え方』佐渡島 庸平

内容 観察 観察:物事の状態や変化を客観的に注意深くみて、組織的に把握すること いい観察は、ある主体が、物事に対して仮説をもちながら、客観的に物事を観て、仮説とその物事の状態のズレに気づき、仮説の更新 ...

ハイパワー・マーケティング

ビジネス

『ハイパワー・マーケティング』ジェイ・エイブラハム

内容 ビジネスを大きくする方法 1クライアントの数を増やす 2クライアント1人あたりの平均販売額を増やす 3クライアントが購入する頻度を増やす   ●クライアントの数を数える ●1回の取引、 ...

人工知能は人間を超えるか

ビジネス

『人工知能は人間を超えるか』松尾 豊

内容 人工知能 検索エンジンに内蔵されていたり、ビッグデータをもとに自動的に判断したりするような人工知能である。 機械学習というのは、サンプルとなるデータをもとに、ルールや知識を自ら学習するものである ...

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

ビジネス

『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』大塚雄介

内容 現金 現金を所有することはできますが、ある特定の「一万円札」の持ち主が自分だと名乗ることはできません。 お札に所有者の名前が書いてあるわけではなく、この一万円札もあの一万円札も誰のものでもないか ...

ゼロ・トゥ・ワン

ビジネス

『ゼロ・トゥ・ワン』ピーター・ティール

内容 原則 小さな違いを追いかけるより大胆に賭けた方がいい 出来の悪い計画でも、ないよりはいい 競争の激しい市場では収益が消失する 販売はプロダクトと同じくらい大切だ   独占企業 リーン・ ...

デジタルマネー戦争

ビジネス

『デジタルマネー戦争』房広治

内容 現金・カードコスト 全世界78億人の人々は、今、年間約2兆件のお金のやり取りをしており、2023年にはそのコストが300兆円程度になるとマッキンゼーは予測しています。 現金やカードを使ったお金の ...

HIGH OUTPUT MANAGEMENT

ビジネス

『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』アンドリュー・S・グローブ

内容 マネジャーのアウトプット=自分の組織のアウトプット+自分の影響力が及ぶ隣接諸組織のアウトプット マネジャーのアウトプットは自分の率いる組織のアウトプットそのものであり、それ以上のものでも、それ以 ...

未来に先回りする思考法

ビジネス

『未来に先回りする思考法』佐藤航陽

内容 可視化 「楽しい」「おもしろい」「悲しい」などの感情は、これまで、複雑で理解しがたい、ブラックボックスとして扱われていました。 これからコンテンツがデジタル化され、読者の傾向がデータとして可視化 ...

説得いらずの高確率セールス

ビジネス

『売り込まなくても売れる! ― 説得いらずの高確率セールス』ジャック・ワース

内容 高確率セールス 【高確率セールス】では、パラダイムが「客に買わせる」ことから、《双方向のビジネスの下地があるかどうかを見る》ことにシフトする。   彼女は自分の問題に対する解決策を交渉 ...

渋谷ではたらく社長の告白

ビジネス

『渋谷ではたらく社長の告白』藤田晋

内容 信頼できるメディアに露出して勢いをつけたいと考えていました。   長時間労働 始めたばかりの会社は取引もまだ少なく、はっきり言って、意外とやることが無くて暇なのです。 ところが、長時間 ...

何が、会社の目的を妨げるのか

ビジネス

『何が、会社の目的を妨げるのか』ラミ ゴールドラット

内容 経営者 組織における本当の制約は 、経営者の注力だったのだ。 組織の中で最も希少なリソ ースは、経営者の時間であることがわかるだろう。   経営者の希少な時間が、あれもこれもといつもバ ...

クリティカルチェーン

ビジネス

『クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?』エリヤフ ゴールドラット

内容 プロジェクト プロジェクトでは、特にこの目的のことをスコープ(範囲)という言葉を使っている。 ヒトやカネといった「資源(リソース)」に制約があり、いつでもよいというわけにはいかない有期性(「納期 ...

ザ・ゴール2

ビジネス

『ザ・ゴール2』エリヤフ ゴールドラット

内容 予想精度 数が多ければ多いほど、予想精度は増す。 数学的な理論で言えば、販売店の数が多ければ多いほど、予想値の精度は合計する販売店数の平方根に比例して増す。 つまり、在庫の多くを二五ある各地の倉 ...

ザ・ゴール

ビジネス

『ザ・ゴール』エリヤフ ゴールドラット

内容 生産性 生産性とは目標に向かって会社を近づける、その行為そのものだ。 会社の目標に少しでも会社を近づけることのできる行為は、すべて生産的なんだよ。 その反対に目標から遠ざける行為は非生産的だ。 ...

The Art of Marketing

ビジネス

『The Art of Marketing』音部大輔

内容 入力と出力のギャップ 「入力と出力にギャップがある」ことです。 こちらからの入力(道具や体を通した働きかけ)に対して、完璧に期待通りの出力(描かれた線や出来上がった料理など、働きかけに対する結果 ...

コンテナ物語

ビジネス

『コンテナ物語』マルク・レビンソン

内容 コンテナの基本的なコンセプトは、「輸送単位を共通化し、鉄道、トラック、船によるシームレスな貨物輸送を実現する」ことにある。   輸送コストが高ければ、地元の消費者を相手にせざるを得ない ...

ビジネス

『論点思考』内田 和成

内容 「経営における最も重大なあやまちは、間違った答えを出すことではなく、間違った問いに答えることだ」   割れ窓理論 これは割れ窓理論に基づくものとされる。 建物の窓が壊れているのを放置す ...

仮説思考

ビジネス

『仮説思考』内田 和成

内容 仮説とは読んで字のごとく「仮の説」であり、われわれコンサルタントの世界では、「まだ証明はしていないが、最も答えに近いと思われる答え」である。 人間は自分で納得しないとなかなか前に進まないからであ ...

プロダクトマネジメントのすべて

ビジネス

『プロダクトマネジメントのすべて』及川 卓也

内容 プロダクト 目指すべきはマーケティングの力をそれほど借りなくても自立的に成長できるプロダクトである。   BtoBスタートアップ企業でとくにCEOが営業出身ともなるとプロダクトマネジメ ...

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

ビジネス

『SCRUM BOOT CAMP THE BOOK』西村 直人

内容 アジャイル開発 アジャイル開発手法に共通するのは、「事前にすべてを正確に予測し、計画することはできない」ということを前提にしている点です。   アジャイル開発では、どのくらいの期間や人 ...

いちばんやさしいアジャイル開発の教本

ビジネス

『いちばんやさしいアジャイル開発の教本』市谷聡啓

内容 タイムボックス このように時間を一定の間隔で区切り運用する考え方を「タイムボックス」と呼び、スクラムでは「スプリント」、スクラム以外では「イテレーション」と呼びます。   見積もり ア ...

Copyright© まさたい , 2024 All Rights Reserved.