ビジネスを加速させる動画マーケティング

グロースショップ

英語

ビジネスで良い第一印象を残すための英語の自己紹介

更新日:

まずは、英語で自己紹介の型を作りましょう。

どんな仕事をしていても、必ず英語で自己紹介をする場面があります。

 

一番簡単な基本形は、

  • 挨拶をして
  • 名前を言って
  • 握手する

という形です。

 

このような簡単に挨拶するパターンは、10秒くらいでしょう。

ポイントは、名前を言うときに自分の所属やポジションを相手に伝えるとよいでしょう。

 

他のパターンは、会議や打ち合わせの時に、初めに簡単に一人ずつ自己紹介をするケースです。

まずは、自分の名前と所属を言います。

次に、所属部署での役割を説明します。

そして、少し具体的にどのようなことをしているのかを簡単に説明します。

 

日本では、年齢が上の方が重要な地位の人なのかと暗黙の内に想像してしまいますが、欧米では年功序列はありません。

相手から見ても、自分のことを自己紹介で説明しないと、あなたがどういう人物なのか認識してもらうことはできません。

 

簡潔に自分をアピールする自己紹介ができるようにしましょう。

自己紹介は、すべて自分のことで完結でき、事前に準備できる点がいいところです。

 

自分なりの自己紹介の基本形を作って、文章に落とし込んでおきましょう。

短いパターンからある程度時間があるパターンなど複数用意しておくと、どんな場面でも自信を持って自己紹介できるようになります。

 

日本だと積極的にアピールすることはあまり好意的に受け止められませんが、海外では短い自己紹介の中であなたを見極めようとしています。

 

自分にはどういう価値があるのか積極的にアピールすることが必要なのです。

  • 自分はどういう地位にいるのか
  • 組織の規模
  • 過去の実績

など、自分の地位や経験がこれからの仕事に役立てられることをアピールしましょう。

 

ビジネスは、人と人のつながりでできています。

第一印象は、その後の人間関係にも大きく影響します。

 

自己紹介は事前に準備できるものなので、少しでもよい印象を与えられるように実践と改善を繰り返して、自分なりの最高の自己紹介を作り上げていきましょう。

-英語

Copyright© グロースショップ , 2019 All Rights Reserved.