YouTubeマーケティングでスモールビジネスを元気に

Growth Shop

Webマーケティングのキャリア

これから需要が増していくWebマーケターのキャリアパスを解説します

更新日:

Webマーケターのキャリアをおすすめする理由

  • これから就職活動する人も
  • 社内でのキャリアパスを考えている人も
  • 転職を考えている人も
  • 独立を考えている人も

Webマーケターをキャリアパスの選択肢の一つとして考えることをおすすめします。

 

おすすめする理由は、

  • インターネット広告市場は伸びる市場
  • 圧倒的人材不足
  • 未経験、年齢関係なし
  • 稼ぐスキルが身につく
  • 副業や独立と相性がいい

など、やらない理由がないからです。

 

Webマーケティングは伸びる市場

2019年のインターネット広告費が、テレビメディアの広告費を抜きました。

 

テレビの広告費は横ばいが続いていますが、インターネット広告費は伸び続けているので、今後は差が拡大していくでしょう。

企業としても、テレビの視聴者が減っており、ブログやSNS、YouTubeなどのネットに時間を使う人が増えており、テレビと違い費用対効果が見えるインターネット広告費に予算をシフトしていくことが考えられます。

 

Webマーケ人材は圧倒的人材不足

この状況の中、Webマーケティング人材が不足しているのが現状ですが、今後は人材不足がますます加速していくでしょう。

 

また、単にサイトを作る人、SNSを運用する人がWebマーケターと名乗っている現状で、

  • サイトやSNS、YouTubeなどのWebプラットフォームの知識
  • 商品やサービスを売るための仕組みを作るマーケティングの知識

を兼ね備えた本当のWebマーケターというのは、ほとんどいません。

 

逆に言うと、本物のWebマーケターになることができれば、引く手あまたはまちがいありません。

 

Webマーケターは未経験、年齢関係なし

Webマーケターの仕事は、一般的にあまり表に出てこないので実態が見えづらい職業と言えます。

どんな業務があるのか、未経験でもできるのか、どんなスキルを身につければいいのか全体像が見えづらいと思います。

 

Webマーケターの仕事は、非常に幅広いですが、一つひとつの作業は難しいことはありません。

なので、未経験でも始めやすい職種だと考えています。

そして、年齢も関係ありません。

 

Webマーケティング業界の特徴は、

  • どんどん新しいプラットフォームが出てくる
  • 常に技術が進化している
  • 基本的には地道にPDCAを回す作業

です。

 

なので、新しいプラットフォームが出たタイミングは、みんなが未経験者です。

未経験者でも早く着手することによって、その分野のトッププレイヤーになることもできます。

他の業界とは違い、長い下積みをしないと活躍できないという職業ではありません。

 

誰にでもチャンスがある業界と言っていいでしょう。

 

Webマーケターは稼ぐスキルが身につく

Webマーケティングのスキルは、Webで売る仕組みを作るためのスキルなので、稼ぐスキルそのものと言っていいでしょう。

稼ぐことにフォーカスするなら、お金に関する業界、売る仕組みに関係する業界にいることが、稼げる人材になる最短ルートです。

 

Webマーケターになることで、商品やサービスを売ることに関する様々なスキルが身につきます。

  • 論理的思考能力
  • データ分析
  • コミュニケーション力
  • ライティングスキル
  • 心理学
  • 商品企画力

などです。

 

これらのスキルは、新しいプラットフォームが出ても、時代が変わっても、他の職種に変わっても必要になる普遍的なビジネススキルを体系的に身につけることができます。

 

Webマーケターは副業や独立と相性がいい

Webマーケターは、副業や独立と非常に相性がいい職種です。

また、Webマーケティングの作業は、一人でもリモートでもできるところが魅力です。

 

たとえば、SEO対策の知識があれば、

  • ライター
  • アフィリエイトサイト運営
  • スポットコンサルティング
  • サイト運営代行

など、スキルがあれば、一人でもできるし、パソコンがあればいつでもどこでも作業することができます。

 

企業に勤めていても、副業や独立をしてもWebマーケターに求められるスキルは、共通的な部分が非常に多いので、すぐにでも稼ぐことができます。

企業ではよりスケールの大きなWebマーケティングの仕事をして、経験と知識を高めるとともに、副業では専門領域を絞って限られた時間を効率的に稼ぐこともできます。

 

本業の経験を副業に活かす、副業の経験を本業に活かすことができるので、お金を稼ぐスピードも知識や経験を身につけるスピードも早くなります。

Webマーケティングをやらない理由はありません。

 

Webマーケターの仕事の種類

Webマーケターの仕事は、Webを活用して売れる仕組みを作ることです。

 

仕事の種類はさまざまですが、集客に関しては大きく3つの仕事があります。

  1. 広告マーケター
  2. SEOマーケター
  3. SNSマーケター

です。

 

広告マーケター

広告マーケターは、GoogleやYahoo、Facebook、インスタ、ツイッターなどに出稿する広告を運用をする仕事です。

 

広告マーケターは、商品やサービスの認知度を上げたり、サイトや集客したり、購入に導くために、

  • どんな商品やサービスを
  • どのターゲットに向けて
  • どんな広告で
  • どの媒体に
  • どのように広告を配信し
  • ユーザーの反応を分析し
  • 改善策を打つ

というお仕事です。

 

データ分析が得意な人に向けている仕事です。

 

SEOマーケター

SEOとは、検索エンジン最適化のことを意味します。

 

検索エンジン最適化とは、GoogleやYahooで検索した時に、企業や商品・サービスのサイトが検索結果の上位に表示させて、アクセス数を増やす技術です。

つまり、Webサイトで集客して売上アップにつなげる仕事です。

 

Webサイトで、上位表示させることができると、自動で定期的にお客さんがやってくる状態を作り出せることができるので、Webマーケティングの中でも重要な位置づけになります。

 

SNSマーケター

SNSマーケターは、インスタやFacebook、TwitterなどのSNSの運用を行う仕事です。

SNSは、サイトからの集客と同等、商品やサービスとマッチすればサイトを超える集客力があります。

 

SNSそれぞれに特徴があり、商品やサービス、ブランドのコンセプトによってフィットするSNS、投稿する内容も変わります。

そのあたりを見極めて、アカウントのコンセプトを設計したり、投稿する内容を企画しなければなりません。

 

SNSは、フォロワーとコミュニケーションすることができ、アカウントが育てば一つのメディアとして機能します。

ブランディングやファンを作るのに重要なメディアです。

 

また、アカウントの属性や投稿している内容、フォローしているアカウントの属性などから、商品やサービスにマッチしたアカウントに対してピンポイントで広告を配信することができるので、非常に費用対効果が高い広告運用ができます。

 

未経験からWebマーケターになるキャリアパス

Webマーケターの仕事は、稼ぐ仕組みを作る仕事なので、世の中のニーズも高く、収入に上限がない魅力的な職種であることはまちがいありません。

さらに、未経験からでも、年齢が高くでも、いつから始めてもWebマーケターのキャリアを積み上げていくことができます。

 

  • 新卒でWebマーケティング職につきたい
  • 営業からWebマーケターに転職したい
  • プログラマーから転職したい
  • 40歳からWebマーケターのキャリアを始めたい

という方々に向けて、未経験からWebマーケターのキャリアを築くための2つのステップについて解説します。

  1. 現場で通用するWebマーケティングスキルを身につける
  2. Webマーケティング企業に転職する

です。

 

現場で通用するWebマーケティングスキルを習得する方法

一口にWebマーケターと言っても、範囲が広く、何から手をつけていいのか分からないと思います。

 

たしかに、Webマーケターに必要とされる知識は幅広いですが、一つひとつは難しいことはありません。

着実に一つずつ知識を経験を積み上げることができれば、誰でも現場に通用するWebマーケターになることが可能です。

 

Webマーケターに求められるベーススキルは、

  • マーケティングの基礎知識
  • 論理的思考力
  • データ分析能力
  • PDCAを回す力

です。

 

このベーススキルに加えて、WebサイトやSNSなどの各プラットフォームの知識を身につけていけば大丈夫です。

ベーススキルがあれば、どんな新しいプラットフォームが出てきても対応することができます。

 

では、未経験者がマーケティングスキルを身につける効率的な方法は、

  • ブログ、アフィリエイトを始める
  • マーケティング本を読む
  • Webマーケティングスクールに通う

の3つです。

 

ブログ、アフィリエイトを始める

Webマーケターとして、力をつける唯一の方法は実践することです。

自力で「Webで売上を上げる仕組み」を作り上げましょう。

 

アフィリエイトの仕組みを使えば、コストをほとんどかけずに自力で売上を上げる仕組みを作ることができます。

今は、環境に恵まれていて、誰でもいつでも始めることができます。

 

マーケティング本を読む

アフィリエイトを実践しながら、マーケティングの知識を蓄えていきましょう。

マーケティングの知識は幅広いので、本で体系的に身につけていくのが効率的です。

 

セールスライティングやアクセスを集めるサイトの作り方、Twitterのフォロワーを増やす方法など、個々のテクニックを学ぶ本を読むことも大切ですが、マーケティングや心理学など普遍的な知識を蓄えておくと、思考の幅と質が一段とレベルアップできるのでおすすめです。

 

マーケティング

  • グロービスMBAマーケティング
  • キャズム
  • 売れるもマーケ当たるもマーケ
  • ブランド戦略シナリオ
  • アイデアの作り方
  • シュガーマンのマーケティング30の法則
  • 確率思考の戦略論

 

Webマーケティング

  • 沈黙のWebマーケティング
  • ネットで「女性」に売る

 

ライティング

  • 沈黙のWebライティング
  • 人を操る禁断の文章術

 

Webマーケティングスクールに通う

独学でも一定レベルのWebマーケティングの知識は十分に身につけることができます。

 

もし、習得するための時間をできるだけ短縮したい、体系的に学びたいという方は、Webマーケティングスクールに通うのもありです。

大学を卒業することよりも資格を取ることよりもWebマーケティングスクールに通うことが稼ぐ仕組みを身に付けるための最短経路になります。

 

幅広いマーケティングの知識を体系的に一気に学ぶというのは、稼ぐスキルを身に付けるための費用対効果が高い投資と言えるでしょう。

 

  • Tech Academy
  • DMM Marketing Camp
  • Udemy

 

Webマーケティング企業に転職する

独学でWebマーケティングを実践すると同時にWebマーケターにキャリアチェンジするための準備を進めましょう。

 

求人の選び方

Webマーケターのキャリアを作る上で重要な求人の選び方について解説します。

 

Webマーケターの求人を選ぶポイントはいくつかあります。

  • 大手かベンチャーか
  • 事業会社かマーケティング専業会社か
  • 勤務形態

 

勤務形態

外してはいけない条件は、副業OKです。

Webマーケティングほど、副業と相性がいい職種はありません。

 

ブログやアフィリエイトをやったり、コンサルをすることもできます。

また、本業とは違う仕事をすることで、視野が広がり、経験値も溜まるので、本業との相乗効果も生まれます。

 

リモート・フレックスOKだとよりいいでしょう。

Webマーケティングは、いつでもどこでも仕事をすることができ、個人の能力に依存するので、比較的リモートやフレックスでも働きやすい仕事と言えます。

もちろん、企業だとチームマネジメントのためにコミュニケーションが必要なので、完全リモートは難しいですが、週2、3回の出社というのであれば、結構あります。

 

転職サイト、エージェントに登録する

Webマーケターになると決めたら、転職サイトに登録しましょう。

 

大手の転職サイトに複数登録しておけば、ほとんどの求人を網羅することができるでしょう。

じっくり求人を見ながら、どんな会社がいいのかリサーチしてみてください。

企業が求めるスキルが分かれば、必要な学習も明確になります。

 

Webマーケティング業界に強い転職サイト・エージェント

転職のリクルートエージェント | 転職業界実績No.1

※転職エージェント最大手で求人が豊富です。転職を考えている人は登録必須です。

doda転職エージェント | 求人の質と量が高い

※こちらも大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利です。

 

Webマーケッターがおすすめする登録しておくべき転職エージェント

いますぐ登録したい方は、以下の登録が多いエージェントがおすすめです。   Webマーケティング業界に強い転職サイト・エージェント ・転職のリクルートエージェント | 転職業界実績No.1 ※ ...

続きを見る

 

Webマーケターの副業・独立

Webマーケティングの仕事は、いろいろなビジネスでニーズがあり、時間や場所を選ばず作業できるので、副業や独立に向いています。

本業とは違うクライアントの仕事をすることで、視野が広がったり、経験値が豊かになります。

 

また、副業で実績を積み、お客さんと信頼関係を築くことで、お客さんを紹介してもらえたり、自分のブログやSNSを育てることによって、そこから仕事の依頼を獲得することもできます。

集客できるサイトやSNSを持ち、多くのお客さんを抱えることができれば、副業から独立することもできます。

 

さらに、仕事を外注したり、ビジネスパートナーと組むことで、事業として大きくすることも可能です。

本業でのWebマーケティングの経験が、自分のビジネスをマネジメントする時にとても役立つでしょう。

 

Webマーケティングの仕事の種類

仕事の種類は多岐に渡ります。

  • SEOライター
  • コンテンツ販売
  • Webマーケティングのスポットコンサル
  • メディアやSNSの運用代行
  • Webコンサルティング

などです。

 

スキルや使える時間に応じて、選ぶことができます。

 

SEOライター

Webメディアのライティングをする仕事です。

クラウドソーシングなどで、1記事何文字いくらという感じで受注します。

 

ポイントは、優れたWebメディアのライターの仕事は、SEO対策ができるライティングマニュアルがあり、とても勉強になるのでおすすめです。

読者に読ませるためのライティングスキルは一生ものなので、ぜひ身につけておいたほうがいいでしょう。

 

コンテンツ販売

Webマーケティングスキルのノウハウを有料記事で販売することができます。

noteなどのプラットフォームで販売することができます。

 

一度、ノウハウを作ってしまえば、あとはブログやSNSで宣伝すれば、定期的に収入が入る仕組みが作れます。

 

Webマーケのスポットコンサル

1時間当たりいくらの報酬でWebマーケティングのコンサルティングをすることができます。

スキルマッチングのプラットフォームであるココナラやビザスクで仕事を受けることができます。

 

いろいろなクライアントのコンサルティングをすることで、経験と知識を得ることができます。

提供できる価値やこれまでの実績をしっかりプロフィールでアピールすることがポイントです。

 

メディアやSNSの運用代行

企業のWebサイトやメディア、ツイッターやインスタの運用代行を受けることもできます。

このレベルになると、副業から専業になりつつありますが、経験とスキルがあれば副業でも可能なレベルです。

 

フリーランスのエージェントを使ったり、お客さんの紹介、自分のブログやSNSからの受注がメインとなります。

 

Webコンサルティング

サイトやSNSなど、Webマーケティング周りを総合的にコンサルティングする仕事です。

このレベルになると、企業での実績がないとなかなか受注できません。

副業ではなく、独立して業務委託で受注するケースが多いでしょう。

 

結果を出せば、どんどん仕事が舞い込んできますし、組織化して事業を大きくすることも可能です。

 

Webマーケ案件の獲得方法

仕事の獲得方法も様々です。

  • スキルマッチングサービス
  • フリーランスエージェント
  • ブログやSNSなどからのお問い合わせ
  • 直接営業
  • お客さんからの紹介

などがあります。

 

副業やフリーランスを始めたばかりのころは、実績作りのためにスキルマッチングサービスや求人サイトで仕事を受けて実績を作りましょう。

スキルマッチングサービスはいろいろあります。

など

 

フリーランスエージェントなら、

  • ITプロパートナーズ
  • レバテッククリエイター
  • クラウドテック
  • ワークショップエージェント

など

 

どんな案件があるのか、どんなスキルが必要なのか、リサーチを兼ねて登録しておいてもいいでしょう。

 

また、いろいろな企業のサイトやSNSを見ながら直接営業をかけてもいいかもしれません。

同時に、自分のサイトやブログ、SNSを育てたり、プロフィールやサービス内容を整えることで、集客できるようにしておきましょう。

 

しっかり結果を出し、お客さんとの信頼を作ることができれば、お客さんは新しいお客さんを紹介してくれます。

そうなると、どんどんお客さんを引き寄せるスパイラルに入ることでしょう。

 

Webマーケティングは、最初は大変ですが、やればやるほど収入を伸ばすことができる将来性のある仕事です。

-Webマーケティングのキャリア

Copyright© Growth Shop , 2020 All Rights Reserved.