YouTubeチャンネル分析

ビジネスYouTuberイケダハヤトのビジネスモデル分析

投稿日:

ブロガーとして有名で、今はビジネスYouTuberとして活用しているイケダハヤトさんです。

尖った主張と何でもズバズバ発言するスタイルでアンチを集め、ブロガー、ビジネスYouTuberの中では知名度は抜群です。

 

そんなイケダハヤトさんのビジネスモデルを分析してみました。

 

イケダハヤトさんのプロフィール

  • イケダハヤト
  • 早稲田大学政経学部卒業
  • ルネサステクノロジ
  • ITベンチャー企業
  • 2012年ブロガー
  • 2014年高知移住
  • 2018年YouTuber

 

ネットで稼ぐことを10年以上されているベテランです。

ネットで発信するのも早く、子供が生まれて田舎に移住するなど、今なら当たり前の感覚ですが、当時としてはとても先進的に映ったのかもしれません。

 

3C分析

Customer

  • フリーランス
  • 学生
  • 主婦
  • サラリーマン

 

組織に属さずネットで一人で稼ぎたい人が対象です。

副業で稼ぎたいサラリーマンも対象になります。

 

Competitor

ビジネス系YouTuberが競合になります。

 

元ブロガーということで、マナブさんが一番属性が近い競合になるのでしょうか?

可処分時間の取り合いという意味では競合ですが、今は関連動画からの流入、ビジネスYouTubeの動画を見る視聴者を増やす業界仲間といった感じでしょう。

 

Company

圧倒的な

  • ブログの実績
  • Twitterの影響力

です。

 

長年、休むことなく活動されてきた実績と知名度が強みです。

サイトも収益も公開しているので、信頼性も高いでしょう。

 

しかし、かなり尖った主張をしてきたので、多くのアンチも生み出しています。

アンチの実態はよく分かりませんが、イケダハヤトさんの知名度を上げる一役を担ってきたと言えるでしょう。

 

イケダハヤトさんのSTP分析

Segmentation

  • 男性
  • 20代~30代
  • 副収入を得たい人

 

Targeting

  • フリーランス
  • 学生
  • 主婦
  • サラリーマン

で、

  • 新しく始めたい
  • 一人で稼ぎたい
  • ネットで稼ぎたい

という個人でお金を稼ぎたい人がターゲットになります。

 

Positioning

  • フリーランス
  • 転職経験
  • 田舎移住
  • 子育てしながら働く

が、イケダハヤトさんの特徴です。

 

イケダハヤトさんの4P分析

Product・Price

イケダハヤトさんの商品、サービスは、

  • YouTube
  • note(Youtubeやブログ教材)
  • ブログ
  • 書籍

のようにYoutube、ブログ関連の広告収入と情報販売がメインです。

 

YouTube

YouTubeは、2020年3月時点では3つのチャンネルを運営しています。

  • イケハヤ大学
  • イケハヤ大学【学長室】
  • YouTubeでメシを食う方法。

です。

 

YouTubeイケハヤ大学

  • チャンネル登録者数は、17万人(2020年3月)
  • 平均再生回数は、5~10万回
  • 毎日更新
  • 動画の長さは、15~20分。たまに長尺動画

と、ビジネスYouTuber中ではトップクラスです。

 

noxinfluencerのツールで見ると、Youtube Adsenseの推定収益(月間)は、47.87万円-151.6万円です。

単価も高いので、なかなかいい収益ではないでしょうか。

 

コンテンツは、

  • 時事ニュース
  • 働き方
  • 仕事術
  • お金
  • 自己啓発
  • YouTube
  • ブログ
  • アフィリエイト

など幅広く、他のビジネスYouTuberをリサーチして、伸びそうな話題をどんどん取り入れている印象です。

 

コラボはたまにしていて、

  • キメラゴン(中学生ブロガー)
  • いとう社長(せどり)
  • りっくん(ブロガー)

です。

高知に来た人とコラボする感じなので、コラボの数自体は少なめです。

 

概要欄には、

  • 講義メモ
  • ブログ
  • 無料メール講座
  • YouTube攻略メール講座

への導線が整えられています。

 

YouTubeイケハヤ大学【学長室】

  • チャンネル登録者数は、1.7万人(2020年3月)
  • 平均再生回数は、1~2万回
  • 毎日更新
  • 動画の長さは、5~10分

 

noxinfluencerのツールで見ると、Youtube Adsenseの推定収益(月間)は、9.48万円-30.01万円です。

 

コンテンツは、メインチャンネルのテスト用という位置づけなので、同じジャンルの

  • 時事ニュース
  • 働き方
  • 仕事術
  • お金
  • 自己啓発
  • YouTube
  • ブログ
  • アフィリエイト

を発信されています。

過去の動画を見ると、元々仮想通貨チャンネルだったようです。

 

YouTubeでメシを食う方法

  • チャンネル登録者数は、2000人(2020年3月21日開設)
  • 平均再生回数は、1,000回
  • 毎日更新
  • 動画の長さは、10分

 

noxinfluencerのツールで見ると、Youtube Adsenseの推定収益(月間)は、1204円-4049円です。

 

コンテンツは、チャンネル名の通り、YouTubeの始め方やチャンネル登録者数の伸ばし方、稼ぎ方について解説しているチャンネルです。

ターゲットはかなりニッチですが、これから伸びしろのあるジャンルです。

 

note

YouTubeやブログの攻略法をまとめたものをnoteという有料記事販売プラットフォームで販売しています。

 

教材は、

  • YouTube攻略大全(オンラインサロン付き)
  • ブログ教材
  • 収益報告

など、数多くの有料コンテンツがアップされています。

 

ブログ

かつてブロガーとして圧倒的地位を築いていましたが、YouTubeにコミットすると宣言してからスパッとやめてしまいました。

 

今は、YouTubeで発信したコンテンツをブログでも発信しているようです。

  • 時事ニュース
  • 働き方
  • 仕事術
  • お金
  • 自己啓発
  • YouTube
  • ブログ
  • アフィリエイト

などです。

 

ブログの記事には、無料メール講座とYouTube攻略講座のCTA(行動を促すフレーズ)が配置されています。

 

ブログの収益は、

  • アドセンス
  • Amazonアフィリエイト
  • 転職や投資系のアフィリエイト

から得ています。

 

書籍

最近はnoteですぐに発信でき、手数料も低いので、書籍の出版はされていません。

 

過去に、

  • 年収150万円で僕らは自由に生きていく
  • 武器としての書く技術
  • まだ東京で消耗しているの?環境を変えるだけで人生はうまくいく

などの書籍を出版されています。

 

Place・Promotion

  • YouTube
  • Twitterは、25万フォロワー(2020年3月)
  • ブログ
  • Voicy(YouTubeサブチャンネルと同じ内容)
  • メルマガ(無料メール講座、YouTube攻略メール講座)

 

メインは、YouTubeとTwitterでの発信です。

YouTubeの内容をブログやVoicyの音声プラットフォームにも展開しています。

また、note教材への導線の一つとして、メルマガも発行されています。

 

イケダハヤトさんのビジネスモデルキャンバス

イケダハヤトさんのビジネスモデルをビジネスモデルキャンバスを使って分析します。

 

顧客セグメント(CS)

イケダハヤトさんのビジネスモデルは誰を対象にビジネスをしているのかというとSTP分析から、

  • フリーランス
  • 学生
  • 主婦
  • サラリーマン

 

組織に属さずネットで一人で稼ぎたい人が対象です。

副業で稼ぎたいサラリーマンも対象になります。

 

チャネル(CH)

どういう経路で顧客に価値を提供しているのかというと、

  • YouTube
  • Twitter
  • ブログ
  • Voicy
  • メルマガ

です。

 

テキスト、音声、動画とあらゆる形式でコンテンツを発信しています。

YouTubeとTwitterは、フォロワー数も多くて一つのメディアといえるでしょう。

 

顧客との関係(CR)

顧客とどのような関係を築いているのかというと、

  • YouTubeは、一方的な情報発信、たまにライブをしています。
  • Twitterは、フォロワーと絡んでいます。
  • ブログ、Voicy、メルマガは、一方的な情報発信
  • オンラインサロンで、密なコミュニケーション

という感じです。

 

収入の流れ(RS)

  • YouTube広告収入
  • 有料記事(YouTubeやブログの教材、収益報告など)
  • アフィリエイト(月50万円くらい?)

 

メインの収益は、教材です。

教材を販売するために、YouTubeやTwitter、メルマガ、ブログで情報発信をしています。

 

そして、YouTubeやブログは集客ツールとしてだけでなく、YouTube広告収入やアフィリエイト収入も得ています。

収益構造が何層にもなっており、無駄がありません。

 

ちなみに、過去のブログでは、2017年度はブログ事業で年商1.5億円だったそうです。

収益内容の詳細は、noteで販売されています。

抜かりがありません。

 

提供価値(VP)

イケダハヤトさんのビジネスが顧客にどのような価値を提供できるのか。

  • 個人で稼ぐために必要な情報

を発信することです。

 

キーアクティビティ(KA)

イケダハヤトさんのビジネスは、人生をより良くするための情報を発信する、この一点です。

 

キーリソース(KR)

ビジネスをする上で必要な資源はヒト、モノ、カネ、情報の4つです。

 

ヒトは、イケダハヤトさん一人です。

0から情報発信を長年コツコツと続け、いろいろ話題を提供し続けることができるのはかなりの強みです。

 

モノは、特に必要ありません。

 

カネは、利益率が高いビジネスなので、十分な収益があります。

 

情報は、このビジネス価値の源泉です。

情報発信フリーランスとしての豊富な経験を踏まえた考え方を発信しているのが特徴です。

 

キーパートナー(KP)

ビジネスを行う上でのパートナーは、プラットフォームの

  • YouTube
  • note
  • Voicy

くらいでしょうか。

 

コスト構造(CS)

コスト構造は、超低コストです。

  • 動画機材(スマホ、パソコン、ライトなど)
  • 外注費(動画編集、ブログ執筆など)

くらいです。

 

イケダハヤトさんのビジネスから学ぶべき点

情報発信力(量とスピードと信頼性)

量がスゴイ

イケダハヤトの情報発信を見ていると、とにかく発信量が圧倒的です。

コンテンツの制作量は、これまで経験と能力から生み出されるのでしょう。

 

ブロガー時代は毎日更新、Voicyの音声メディアでも毎日配信、今のYouTuber時代も毎日配信です。

やると決めたプラットフォームでは、毎日配信するのが基本です。

これはすごいです。

 

さらに継続力です。

情報発信業を10年以上続けられています。

キャリアが圧倒的です。

 

「続けていれば、他は勝手に脱落していく」というのは、イケダハヤトの経験から実感されているのでしょう。

 

毎日配信と10年以上の継続力で、コンテンツの蓄積量は圧倒的です。

これが、イケダハヤトさんの認知度と評価につながるのでしょう。

 

スピードが速い

量に加えて、スピードも速い。

時事ネタをすぐに記事にまとめたり、YouTubeで発信するスピードがめちゃくちゃ速い。

メディア並みです。

 

仮想通貨バブルの時は、かなりの収益になったそうです。

 

また、新しいプラットフォームに参入するのも早いです。

  • note
  • Voicy
  • YouTube(ビジネスYouTuberとして)

など、リリースされたらとりあえずやってみるという姿勢は素晴らしいです。

 

信頼性

活動内容は、基本的オープンです。

 

YouTubeで伸び悩んでいる時期も、素直に打ち明けていますし、試行錯誤の様子を発信されています。

軌道に乗り始めた方法もオープンですし、収益もオープンです。

その姿勢が信頼性を獲得できているのだと思います。

 

ブロガーは、顔出しなし、アニメアイコンが多い中、昔から顔出しで活動されていました。

 

尖った主張と高額の記事を販売していることから、世間から理解されづらく、アンチも多いのでしょう。

 

商品づくり

ブロガー時代は、他人の商品を紹介して紹介料を得るというアフィリエイトモデルでしたが、有料記事を販売できるnoteのプラットフォームができて、オリジナル教材を作成し、販売しています。

このことにより、一気に収益も上がっています。

 

情報発信業のノウハウを販売する。

一番効率的なビジネスモデルといえます。

 

元々の影響力が大きいので、販売力も十分です。

すばらしいビジネスモデルです。

-YouTubeチャンネル分析

Copyright© Growth Shop , 2020 All Rights Reserved.