YouTubeマーケティングでスモールビジネスを元気に

Growth Shop

YouTubeチャンネル分析

ビジネスYouTuberやまもとりゅうけんのビジネスモデル分析

更新日:

副業系のオンラインサロンを運営されているやまもとりゅうけんさん。

有料のオンラインサロンとしては、国内最大級です。

 

Webマーケティングを駆使して、素晴らしいビジネスモデルを構築しています。

そんなやまもとりゅうけんさんのビジネスモデルを分析してみました。

 

やまもとりゅうけんさんのプロフィール

  • やまもとりゅうけん
  • 神戸大学経営学部経営学科
  • 某大手IT企業
  • ネットワークビジネス経験者
  • オンラインサロン運営
  • ワンダフルズCEO(IT/Webコンサルティング)

 

最初のキャリアはITエンジニアで、エンジニアの時にブログで情報発信を始め、オンラインサロン、YouTube、コンサルティング事業とビジネスを拡大しています。

特に、大規模な有料オンラインサロンを運営されているのが、他のビジネス系YouTuberとの違いです。

 

3C分析

Customer

  • フリーランス
  • 学生
  • 主婦
  • サラリーマン

 

これからプログラミングなど手に職をつけて、情報発信をしていきたい人が対象です。

 

Competitor

ビジネス系YouTuberが競合になります。

 

ブロガー、元エンジニア、フリーランスということで、マナブさんが一番属性が近い競合になるのでしょうか?

一口にエンジニアといっても、おそらくスキルレベルは全然違うと思います。

 

可処分時間の取り合いという意味では競合ですが、今は関連動画からの流入、ビジネスYouTubeの動画を見る視聴者を増やす業界仲間といった感じでしょう。

 

Company

圧倒的な

  • Twitterの影響力
  • YouTubeの発信力
  • ブログの発信力
  • オンラインサロン運営力

です。

 

歯に衣着せぬ発言が人気の理由でしょう。

Twitterのコメントに対して、本質的な切り返しでアンチを論破するのが特長です。

YouTubeやブログも早くから取り組まれていて、今はすべてがかみ合っている感じでしょう。

 

特に、オンラインサロン運営力が他とは違う強みです。

 

やまもとりゅうけんさんのSTP分析

Segmentation

  • 男性
  • 20代~30代

 

Targeting

  • フリーランス
  • 学生
  • 主婦
  • サラリーマン

で、

  • 新しく始めたい
  • 一人で稼ぎたい
  • ネットで稼ぎたい

という個人でお金を稼ぎたい、スモールビジネスを作りたい人がターゲットになります。

特に、ITエンジニアになりたい人がターゲットになります。

 

Positioning

  • フリーランス
  • 元エンジニア
  • 発信力
  • サロン運営者
  • 子育て

が、やまもとりゅうけんさんの特徴です。

 

やまもとりゅうけんさんの4P分析

Product・Price

やまもとりゅうけんさんの商品、サービスは、

  • オンラインサロン
  • ブログ
  • YouTube
  • note
  • ワンダフルズCEO(IT/Webコンサルティング)

と、情報発信とコンサル事業の2つの柱になっています。

 

オンラインサロン

人生逃げ切りサロンは、スモールビジネスを作りたい人向けのオンラインサロンです。

有料サロンで著名人以外でここまでの規模に拡大しているのはスゴイことです。

 

ブログには、

  • 月額2,200円
  • 3500人以上

と記載されているので、単純計算して月700万円以上の収入になります。

 

サロンにはスモールビジネスの講座が用意されています。

  • ブログ講座
  • セールスライティング講座
  • デザイン講座
  • FX講座
  • オンラインサロン講座
  • せどり講座

 

オフラインの活動もあります。

  • セミナー
  • 勉強会

 

プラットフォームは、

  • Facebook
  • Slack

を使用します。

 

やまもとりゅうけんさんのように、手に職をつけて、発信力を高めたい人が参加するのでしょう。

価格も月額2,200円と負担も少なめなのがいいのでしょう。

また、これからオンラインサロンを運用したい人が運用方法を参考にするために入会する方もいるかもしれません。

 

ブログ

りゅうけんブログのテーマは、主に

  • エンジニア
  • ビジネス
  • 働き方

になります。

 

特徴は、

  • YouTubeの内容を文字起こし
  • 月5~10本

です。

 

アフィリエイトは、主に

  • 転職サイト・エージェント
  • プログラミングスクール

になります。

 

YouTube

  • チャンネル登録者数は、8.3万人(2020年3月)
  • 平均再生回数は、1~5万回
  • 週2、3本更新
  • 動画の長さは、15~20分

と、ビジネスYouTuber中ではトップクラスです。

 

noxinfluencerのツールで見ると、Youtube Adsenseの推定収益(月間)は、12.91万円-40.9万円です。

 

コンテンツは、

  • プログラミング
  • お金
  • YouTube
  • 働き方
  • 論破

など幅広く、フリーランス向けの稼ぎ方が主になっています。

特に、Twitterでのアンチコメントに対する論破が特徴的なコンテンツです。

 

コラボはたまにしていて、

  • イケダハヤト
  • 青汁王子
  • マナブ

です。

 

概要欄には、

  • オンラインサロン
  • LINE@
  • YouTube(セミリタイアTV)
  • Twitter
  • ブログ
  • WonderFuls

への導線が整えられています。

 

note

有料記事販売プラットフォームのnoteで記事を販売されています。

  • 月次収益報告(600円)
  • オンラインサロン運営の攻略本(29,800円)
  • スモールビジネスオーナーとの対談動画(500円~)
  • その他ノウハウ

 

ワンダフルズCEO(IT/Webコンサルティング)

WonderFulsは、法人向けIT/Webコンサルティングサービスを提供しています。

 

人生逃げ切りサロンに所属している

  • ITエンジニア
  • Webマーケター
  • デザイナー

を中心に法人コンサルチームが構成されています。

 

事業領域

  • Webコンサルティング
  • IT教育サービス
  • ITコンサルティング

 

Place・Promotion

  • Twitterは、22万フォロワー(2020年3月)
  • YouTube
  • ブログ

 

メインは、YouTubeとTwitterでの発信です。

YouTubeの内容をブログでも発信しています。

 

やまもとりゅうけんさんのビジネスモデルキャンバス

やまもとりゅうけんさんのビジネスモデルをビジネスモデルキャンバスを使って分析します。

 

顧客セグメント(CS)

やまもとりゅうけんさんのビジネスモデルは誰を対象にビジネスをしているのかというとSTP分析から、

  • フリーランス
  • 学生
  • 主婦
  • サラリーマン

で、

  • 新しく始めたい
  • 一人で稼ぎたい
  • ネットで稼ぎたい

という個人でお金を稼ぎたい、スモールビジネスを作りたい人がターゲットになります。

 

チャネル(CH)

どういう経路で顧客に価値を提供しているのかというと、

  • YouTube
  • Twitter
  • ブログ
  • オンラインサロン

です。

 

顧客との関係(CR)

顧客とどのような関係を築いているのかというと、

  • YouTubeは、一方的な情報発信
  • Twitterは、フォロワーとうまく絡んでいます。
  • ブログは、一方的な情報発信
  • オンラインサロンでは、イベントなどリアルでの交流

という感じです。

 

収入の流れ(RS)

  • オンラインサロン
  • アフィリエイト
  • 有料記事
  • YouTube広告収入
  • 法人向けコンサル

と収入源は多様化されています。

 

特に、オンラインサロンはサブスクリプションモデルなので、収益基盤が安定しています。

ここがやまもとりゅうけんさんのビジネスの強みです。

 

また、法人向けコンサルティングも顧客を積み上げていくビジネスモデルにすれば、売上は一気に伸びるし、安定性も高まります。

アフィリエイトや広告収入は変動が大きいので今までのペース、有料記事は出そうと思えばいくらでも出せるといった感じでしょうか。

 

提供価値(VP)

やまもとりゅうけんさんのビジネスが顧客にどのような価値を提供できるのか。

  • 個人で稼ぐために必要な情報

を発信することです。

 

キーアクティビティ(KA)

やまもとりゅうけんさんのビジネスは、個人で稼ぐ力を身につけるための方法を発信する、この一点です。

Twitterでネタを集めつつ、YouTubeで論破コンテンツを作り、ブログに文字起こしをする、という効率が良いコンテンツ制作プロセスができ上がっています。

 

キーリソース(KR)

ビジネスをする上で必要な資源はヒト、モノ、カネ、情報の4つです。

 

ヒトは、やまもとりゅうけんさん一人です。

0から情報発信を長年コツコツと続け、的確な持論を展開し続けることができるのはかなりの強みです。

 

モノは、特に必要ありません。

 

カネは、利益率が高いビジネスなので、十分な収益があります。

 

情報は、このビジネス価値の源泉です。

情報発信フリーランスとしての豊富な経験を踏まえた考え方を発信しているのが特徴です。

 

キーパートナー(KP)

ビジネスを行う上でのパートナーは、プラットフォームの

  • YouTube
  • note

くらいでしょうか。

 

あとは、法人向けサービスは、逃げ切りサロンメンバーがパートナーとなります。

 

コスト構造(CS)

コスト構造は、超低コストです。

  • 動画機材(スマホ、パソコンなど)
  • 外注費(動画編集、ブログ執筆など)

くらいです。

 

やまもとりゅうけんさんのビジネスから学ぶべき点

情報発信の信頼性

やまもとりゅうけんさんの素晴らしいところは、ブログ、Twitter、YouTubeなど情報発信プラットフォームに早くから取り組んでいるところです。

顔出しで発信されていますし、元ネットワークビジネスという黒歴史もオープン、収益も有料になりますがオープンにしているところが信頼性を獲得しているポイントかと思います。

 

Twitterでのアンチの捌き方は一つの芸で、YouTubeコンテンツにも生かしていて無駄がありません。

普通ならアンチに叩かれ続けるとメンタルやられて消えてしまうのですが、精神的な強さと継続力が他のビジネスインフルエンサーを圧倒しています。

 

サブスクサービス

やまもとりゅうけんさんのすごいところは、やはりビジネス系のサブスクサービスをここまで大きくしたことです。

サブスクといえば、昔は有料メルマガ、今はオンラインサロンです。

 

有料メルマガやオンラインサロンは、書籍を出版していたり、テレビにも出ている著名な方が会員数を集めるケースが主です。

しかし、やまもとりゅうけんさんは、無名だけれどもTwitterとブログを使ってネットでの認知度を上げ、会員数を伸ばし続けて3,000人を突破しています。

これはスゴイことです。

 

サブスクサービスは、集客も重要ですが、継続維持率が会員数の積み上げに大切なことです。

3,000人にまで達しているのは、

  • 逃げ切りというテーマ設定
  • フリーランス、副業など働き方改革の追い風
  • 月額2,200円という手ごろな価格設定

が重なっているのでしょう。

そして、オンラインサロン運営術を優れているのだと思います。

 

オンラインサロンメンバーの独立や起業も今後増えていくことが予想され、サロン内でのビジネスマッチングやコンサルティングも増えていくでしょう。

サロンメンバーの活躍がサロンのアピールになりますし、サロンメンバーにとっては告知もしてもらえるので初期フェーズの集客を加速できるメリットもあります。

まさにWin-Winの関係といえるでしょう。

 

オンラインサロンで、ビジネスを生み出し続ける仕組みが出来ています。

 

プログラミングは人手不足で今後も伸びるし、Webマーケティングも伸びるし、フリーランスや副業という働き方も伸びます。

やまもとりゅうけんさんのビジネスモデルは、これからさらに右肩上がりに伸びていく可能性が高いでしょう。

-YouTubeチャンネル分析

Copyright© Growth Shop , 2020 All Rights Reserved.