YouTubeチャンネル分析

ビジネスYouTuberマコなり社長のビジネスモデル分析

投稿日:

ビジネスYouTubeでトップレベルのチャンネルがマコなり社長です。

 

現役の企業経営者がYouTubeチャンネルを開設し、情報発信している人は他にはいないでしょう。

他のビジネスYouTuberは、情報発信をビジネスをしている方が大半なので、マコなり社長は一線を画しています。

 

マコなり社長のビジネスモデルを外側から分析してみました。

経営している株式会社divの分析ではありません。

 

マコなり社長のプロフィール

  • 真子就有(まこゆきなり)
  • 福岡市出身
  • 青山学院大学卒
  • 株式会社div代表取締役、従業員数約400名
  • 2014年プログラミング教育事業
  • 2015年Forbes誌「注目のUnder30起業家10人」に選出

とバリバリの起業家です。

 

3C分析

Customer

マコなり社長のビジネスは、個人方向けです。

主に、人生をより良くしたいと思っている人が対象になります。

 

Competitor

競合は、ビジネスYouTuberになります。

YouTubeチャンネルのコンテンツは、自己啓発などかなり普遍的な内容なので、競合が多い分野です。

 

Company

YouTubeの動画は普遍的な内容ですが、発信しているのが現役の起業家というところが大きなアドバンテージです。

 

ビジネスYouTuberで発信している人の大半は、情報発信をビジネスにしているので、YouTubeでの発信は本業になっています。

しかし、マコなり社長はプログラミングスクールの代表取締役が本業で、さらにYouTubeで発信しているところがスゴイところで、他の経営者は真似することができません。

 

マコなり社長のSTP分析

Segmentation

  • 男性
  • 20代~40代
  • 働いている人

 

仕事をしている男性です。

 

Targeting

  • 学生
  • フリーランス
  • 若手サラリーマン
  • スキルアップしたい人

 

仕事の生産性を上げたい人がターゲットになります。

 

Positioning

  • 現役起業家
  • 超合理的思考

というところが、他のビジネスYouTuberとは違います。

 

マコなり社長の起業、経営の経験から導き出した

  • 人生をより良くする方法
  • 仕事で成功する方法

を発信しています。

 

マコなり社長の4P分析

Product・Price

マコなり社長のYouTubeは、基本的に一般的な自己啓発の内容で、経営している会社やサービスの紹介をするわけではありません。

しかし、プログラミングスクールのターゲットとYouTubeの動画のターゲットは近いこともあり、プログラミングスクールの集客につながっていると思われます。

 

テックキャンプ

運営しているテックキャンプは個人向けにプログラミングスクール、法人向けに人材紹介サービスと研修サービスを展開しています。

 

スクールの価格帯は個人にとっては高く感じるかもしれませんが、

  • 転職できなければ全額返金
  • 転職成功率99.0%

という特徴が人気の理由になっています。

 

質問し放題やキャリア形成のサポートが充実している点が未経験者の需要をつかんでいます。

 

プログラミング教養コース

  • 入会費用:198,000円
  • 月額料金:19,800円

 

サービス内容

  • 全国6箇所の教室利用
  • 教室での質問対応
  • オンラインで質問対応
  • パーソナルメンターによる個別面談
  • すべてのテクノロジー教材利用可能
  • オリジナルサービス開発のサポート

 

エンジニア転職コース

  • 短期集中スタイル:598,000円(税抜)
  • 夜間・休日スタイル:798,000円(税抜)

 

デザイナー転職コース

  • 短期集中スタイル:598,000円(税抜)
  • 夜間・休日スタイル:798,000円(税抜)

 

人材紹介サービス

  • 初期費用無し
  • 完全成果報酬、紹介手数料は理論年収の35%

 

法人研修サービス

  • 新入社員研修
  • 内定者研修

 

YouTube

  • チャンネル登録者数は50万人(2020年3月)
  • 平均再生回数は、20~50万回
  • 週3回投稿
  • 動画の長さは、15~20分

で、トップのビジネスYouTuberです。

 

noxinfluencerのツールで見ると、Youtube Adsenseの推定収益(月間)は、167.11万円-529.19万円です。

YouTubeだけでも十分な収益があります。

 

コンテンツは、

  • 自己啓発
  • 仕事術
  • 話し方

がメインテーマです。

動画のタイトルやサムネイルはプログラミングには触れていませんが、マコなり社長がプログラミングを始めた経験やプログラミングをやるべき理由につなげ、最後はテックキャンプの紹介につなげています。

 

コラボもしていて、

  • 佐山さん
  • ホリエモン
  • マナブ
  • もふもふ不動産

など、YouTubeで話題の人としています。

 

概要欄には、

  • 会社ホームページ
  • LINE
  • Twitter
  • テックキャンプ
  • プロフィール

が記載されていて、会社やサービスへの導線を整えています。

 

Place・Promotion

情報発信は、

  • YouTube
  • Twitterは、10万フォロワー(2020年3月)
  • LINE
  • インスタ更新停止
  • ブログまこなりの社長室

のプラットフォームで行っています。

 

メインのYouTube以外は、Twitterで告知するくらいで他はほぼ停止しています。

経営しながらYouTubeで発信すること自体スゴイことなので、他のSNSを更新できないのは当然のことです。

 

マコなり社長のビジネスモデルキャンバス

マコなり社長のビジネスモデルをビジネスモデルキャンバスを使って分析します。

 

顧客セグメント(CS)

マコなり社長のビジネスモデルは誰を対象にビジネスをしているのかというとSTP分析から、

  • 学生
  • フリーランス
  • 若手サラリーマン
  • スキルアップしたい人

です。

 

運営しているプログラミングスクールのターゲット層になります。

 

チャネル(CH)

どういう経路で顧客に価値を提供しているのかというと、

  • YouTube
  • Twitter

で、必要最小限です。

 

顧客との関係(CR)

顧客とどのような関係を築いているのかというと、視聴者への一方的な情報発信です。

 

YouTubeのコメント欄も特にリアクションはしていません。

経営もあるので、視聴者とコミュニケーションする時間はほとんどないでしょう。

 

収入の流れ(RS)

  • 役員報酬
  • YouTube広告収入

YouTubeの報酬は会社で計上しているかもしれません。

 

提供価値(VP)

マコなり社長のビジネスが顧客にどのような価値を提供できるのか。

  • 起業家として超合理的な考え方
  • 仕事術
  • 自己啓発

ですね。

 

キーアクティビティ(KA)

マコなり社長のビジネスは、人生をより良くするための情報を発信する、この一点です。

 

キーリソース(KR)

ビジネスをする上で必要な資源はヒト、モノ、カネ、情報の4つです。

 

ヒトは、マコなり社長一人です。

経営者のビジネスYouTuberはかなりの強みです。

 

モノは、特に必要ありません。

 

カネは、利益率が高いビジネスなので、十分な収益があります。

 

情報は、このビジネス価値の源泉です。

普遍的なテーマ、自己啓発のテーマに対して、これまでの経営者としての豊富な経験を踏まえた考え方を発信しているのが特徴です。

他のビジネスYouTuberと比べても信頼性と説得力が違います。

 

キーパートナー(KP)

ビジネスを行う上でのパートナーは、プラットフォームの

  • YouTube

くらいでしょうか。

 

コスト構造(CS)

コスト構造は、

  • 動画編集スタッフの人件費

くらいです。

 

情報発信業なので、他業種に比べるとかなり粗利率の高いビジネスです。

 

マコなり社長のビジネスから学ぶべき点

経営者がYouTubeで発信している

ビジネスYouTuberとして、圧倒的な信頼を獲得しています。

 

YouTubeで発信することはかなり大変なことですが、経営しながらのYouTubeはなかなかできることではありません。

継続的にYouTubeで発信している経営者は他にいないのではないでしょうか?

 

また、本業のプログラミングスクールのYouTubeチャンネルにしていないこともポイントです。

YouTubeは個人にフォーカスされるので、企業チャンネルだとなかなかうまくいきません。

 

マコなり社長のチャンネルにすることで、まずは社長の影響力や高めることに集中しています。

 

YouTubeチャンネルを見ても、プログラミングという文字はほとんどなく、一見なんの社長なのか分からないくらいです。

発信内容も一般的な自己啓発系のなので、広く視聴者を取りに行こうとしています。

 

視聴者のターゲットは、プログラミングスクールのターゲットになります。

  • ますは動画に興味を持ち
  • 稼ぐことに興味を持ち
  • 社長に興味を持ち
  • プログラミングスクールに興味を持つ

という流れを作り出しています。

 

また、自己啓発や仕事術、超合理的な考え方の発信は、プログラミングスクールの生徒や自社の従業員、法人クライアントにも響く内容なので、集客だけでなく教育にもつながります。

無駄なくYouTubeを活用してる経営者と言えるでしょう。

-YouTubeチャンネル分析

Copyright© Growth Shop , 2020 All Rights Reserved.