ビジネスを加速させる動画マーケティング

グロースショップ

動画編集講座

動画制作に必要な準備をまとめてみました

更新日:

動画制作に必要なモノ

動画制作に必要なモノは、

  • カメラ
  • パソコン
  • 動画編集ソフト

最低限としては、これだけです。

もし、動画編集をまったくしないなら、カメラだけで大丈夫です。

 

カメラ

ベストは一眼レフカメラです。

しかし、まずはスマートフォンやOsmo Pocketなどの持ち運びがお手軽なカメラを使うことをおすすめします。

 

ネットショップにとって必要以上に高品質の動画を撮る必要はありません。

 

まず、スマホのカメラ性能が十分に高い。

動画用に新しくカメラを購入する必要はなく、スマホで大丈夫です。

iPhoneで高画質の4K撮影ができるので、何も問題はありません。

 

二つ目は、動画はスマホ経由で見られる。

動画はテレビやパソコンではなく、スマホで見る人が大半です。

そして、これからスマホを使ってネットショップで購入するお客さんは右肩上がりで増えていきます。

なので、スマホの小さな画面である程度きれいに見れたら十分なのです。

 

三つめは、動画編集に時間がかかる。

動画ファイルは画質が上がると、急激にファイルのサイズが大きくなります。

そうなると、動画編集の処理に時間がかかるので、制作できる動画の数も少なくなってしまいます。

 

ブランディング用のかっこいい動画を撮るときは高画質で撮り、商品の紹介やお店の紹介などは必要以上の画質にせず、できるだけ多くの動画を制作することに力を入れるようにしましょう。

 

パソコン

動画編集は処理が重たいので、パソコンのスペックは良いほうがいいのですが、その分コストも高くなります。

快適に作業出来て、コスパがいいパソコンの選ぶ方についてまとめてみました。

Youtubeなどの動画編集におすすめなパソコンのスペック

動画編集は処理が重いので、比較的高いスペックのパソコンが求められます。   動画編集に必要なパソコンの選び方 デスクトップか?ノートパソコンか? まず、デスクトップかノートパソコンかの選択に ...

続きを見る

 

動画編集ソフトはPremiere Proで決まり

いろいろな動画編集ソフトがありますが、やはり一番人気なのが、AdobeのPremiere Proです。

有名なYoutuberやセンスのいい動画を制作されている方のソフトはほとんどこれです。

 

将来的には、しっかりビジネスとしてやるならAdobeのPremiere Proの一択です。

 

動画編集ソフトは無料のものもいろいろあり、カットやテロップ挿入はできるので趣味でやるなら無料ソフトで十分です。

しかし、かっこいい効果入れたい、高度な映像表現をしたい場合はやはりAdobeです。

 

Adobeユーザは多く、やりたいことを検索すると制作方法を解説している動画も多いのもおすすめする理由のひとつです。

こういう映像に編集したいときでも、ネットで編集方法を解説されている方は結構います。

ユーザ数が多いソフトだと、解説動画も多いので、編集ソフトを選ぶならPremiere Proで決まりだと思います。

 

ただ、価格が結構します。

Adobeの公式ページを見ると、Premiere Pro単体だと月額2,180円/月(税別)です。

もっとかっこいい動画を制作するなら、ビジュアルエフェクトが使えるAfter Effectsも使いたいところです。

After Effects単体だと月額2,180円(税別)になります。

 

両方契約すると月額4.360円(税別)になります。

その場合、すべての製品、モバイルアプリ、サービスが使えるCreative Cloudコンプリートプランも選択肢になります。

こちらは、月額4,980円(税別)になります。

そうなる場合、年額は6万円を超えてしまいます。

 

しかし、デジハリオンラインが提供しているAdobeマスター講座が最強です。

Adobe Creative Cloudの基礎をマスターする講座です。

 

なんど、講座が全3ヶ月ですが、Adobe CC1年分を含んで価格が39,300円(税込)です。

これは、公式で買うより、約半額でAdobe Creative Cloudが使えてしまいます。

動画編集の基礎を勉強できるし、絶対おすすめです。

 

デジハリオンライン

https://online.dhw.co.jp/course/adobe/

 

-動画編集講座

Copyright© グロースショップ , 2019 All Rights Reserved.