YouTubeマーケティングでスモールビジネスを元気に

Growth Shop

Webマーケティング ネットショップで稼ぐ方法

あらゆるWebマーケティング施策を打ち集客しましょう

更新日:

Webマーケティングとは、Webを使って売れる仕組みを作ることです。

 

Webマーケティングを活用するメリットは、

  • コストが低い
  • ターゲットを明確にできる
  • 効果が数値で把握できる

つまり、費用対効果が明確で、投資しやすいことです。

 

コストが低い

会社や商品の簡単なホームページを作ろうとしても、初期投資は年間数千円から数万円で開始することができます。

インスタグラムやツイッターなどのSNSやYouTubeは、無料で使うことができます。

情報発信の環境は非常に恵まれていて、コスト面から考えても使わない手はありません。

 

ターゲットが明確にできる

テレビCMは、莫大な金額でコマーシャルを流していても、誰が見ているのかざっくりとしか分かりませんし、コマーシャルを見た人のうち、どれくらいの人が商品やサービスを購入してくれたのか、正確に測定することができません。

しかし、ネット広告だと、性別や年齢、ユーザの行動などを絞り込んで広告を打つことができるので、非常に効率的です。

 

効果が明確に把握できる

サイトやSNSは、無料で使えるアクセス解析ツールがあります。

 

サイトやブログなら、どこからどれくらいのアクセスがあり、どのページに移動したのか、どれくらいの人が購入したのかが分かります。

SNSなら、どれくらい人がアクセスし、どれくらいの人が「いいね」など反応し、どれくらいの人がサイトに飛んだのかを把握することができます。

 

これらのデータをもとに、マーケティング施策を改善することで、数字がどれくらい変わるのかすべてを把握することができます。

情報をすべて把握できるのがWebマーケティングの大きなメリットで、あとはこの数字を改善していけば、ビジネスは成長していきます。

 

Webマーケティング施策は一気に進めてはいけません

あなたがネットで商品を販売する場合、Yahooや楽天、Amazonへの出店を検討するかもしれません。

もしくは、出店料や広告費、いろいろよく分からない手数料を抑えるためにショッピングモールには出店せず、自社独自のECサイトを作るとしたら、集客はすべて自前で行わなくてはなりません。

 

あなたが店舗を運営していた場合、飲食店なら食べログ、美容院ならホットペッパーに広告費を支払い集客を検討するかもしれません。

もしくは、高い広告費を支払い、食べログやホットペッパーに集客を依存しても、安さを求めるお客さんしか来ずに苦労するので、自前でサイトやブログ、SNSを作ろうと考えているかもしれません。

 

集客はあらゆるWebマーケティングを施策を駆使しなければなりませんが、一口にWebマーケティングと言ってもいろいろな方法があり、いったいどれから手をつけていいのか分からないことが多いでしょう。

 

しかし、一度Webマーケティング施策を網羅して構築することができると、集客のためのコストをかなり抑えることができ、PDCAを適切に回すことで効率的に集客することができるでしょう。

もちろん、やるべき範囲は広く、構築するまで手間もかかるため、すべてのマーケティング施策を一気に取り組むことは難しいです。

 

まずは、販売する自社の商品やサービスの特性に一番合っているWebマーケティング施策に集中することが大切です。

そして、その施策である程度結果が出たら、次に合っているWebマーケティング施策に取り組む、ある程度の結果が出たら新たな施策に取り組み、ということを繰り返し総合的にWebにおける認知度を高めて、集客していくことになります。

 

Webマーケティング施策

まず、どんなWebマーケティング施策があるのか洗い出してみます。

  • Webサイト
  • ブログ
  • LP(ランディングページ)
  • Facebook
  • インスタグラム
  • Twitter
  • Youtube
  • Tiktok
  • LINE@
  • メルマガ
  • リスティング広告
  • SNS広告
  • アフィリエイト

などなどあります。

今後も新たなSNSが現れるので、どんどん増えていくでしょう。

 

こうして並べると数が多くていったい何から始めればいいのか、よく分かりません。

なので、集客、購入(コンバージョン)、口コミ、リピートという観点で整理します。

 

集客

  • Webサイト
  • ブログ
  • Facebook
  • インスタグラム
  • Twitter
  • Youtube
  • Tiktok
  • リスティング広告
  • SNS広告
  • アフィリエイト

 

購入(コンバージョン)

  • LP(ランディングページ)

 

口コミ

  • Facebook
  • インスタグラム
  • Twitter

 

リピート

  • メルマガ
  • リターゲティング広告

 

SEOで集客する

まず、これらをカテゴリ分けすると、

SEOで集客するのが

  • Webサイト
  • ブログ

です。

 

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジンであるGoogleの検索結果で自社のサイトやブログを上位に表示させるための技術です。

 

SEOで上位表示させるためには、サイトやブログを作ってからコンテンツをしっかり入れても早くて3カ月から6カ月かかると言われています。

なので、すぐに効果が表れるという施策ではありません。

しかし、良いコンテンツを出すことができれば、サイトやブログから継続的に集客が見込めるので資産性があります。

 

SNSで集客する

代表的なSNSは、

  • Facebook
  • インスタ
  • Twitter

です。

 

簡単な特徴としては、

  • Facebookは、実名制でリアルなネットワーク
  • インスタは、主に写真に特化しています。今は動画にも力を入れています。
  • Twitterは、短い文字数をつぶやきます。写真や短い動画も投稿できます。

 

このようにSNSによって特徴があり、使っているユーザ層も異なります。

自社の商品やサービスの特徴を上手く伝えられるSNSを選ぶことが集客するための鍵です。

 

SNSに力を入れることによって、フォロワーが増えます。

フォロワー数は発信力を影響力を測る指標で、フォロワーはショップにとって資産です。

 

最初の頃は、誰もあなたのアカウントを知らないのでフォロワー数が増えることがほぼありません。

毎日こまめに、フォロワーにとって魅力的な写真や有益なコンテンツをコツコツ発信することがコツです。

 

ネットショップオーナー必見!インスタで集客する方法

ネットショップのインスタを作ったけど、どう運用していいのか分からない 全然フォロワー数が増えない アップする写真がない という相談をネットショップのオーナーさんからよく受けます。   ファン ...

続きを見る

 

これからは動画の時代

代表的なプラットフォームは、

  • Youtube
  • Tiktok

 

簡単な特徴としては、

  • Youtubeは、動画投稿サイトです。
  • TikTokは、短いフォーマットが決まった動画投稿サイトです。

 

SNSは、通信速度の向上によって、文字から写真、写真から動画へと人気がシフトしています。

商品の魅力を伝える場合、文字よりも写真、写真よりも動画の方が情報量が多いので、これからは動画でコンテンツを作ることで優位に立つことができるでしょう。

 

しかし、動画コンテンツを作るにはハードルが高いので、最初は写真がおすすめです。

インスタは必須のSNSと言えるでしょう。

 

動画は、Youtuberが人気ですが、5Gと言われる通信速度も速くなり、動画編集アプリも進化していることから、これから誰でも動画を投稿できる環境が整います。

ネットで動画を見る視聴者も増えるので、これからますます動画を活用する企業やショップが増えていくでしょう。

 

スモールビジネスに動画マーケティングを取り入れるべき理由

動画マーケティングの可能性 ここ数年、動画マーケティングが注目されています。 店舗やフリーランス、個人事業主、中小企業、副業といったスモールビジネスのプロモーション方法は、これまで文字と写真が主流でし ...

続きを見る

 

見込み客のリストは資産です

お客さんのリストを集め、プロモーション情報を発信することはECサイトへのアクセスや商品購入に非常に効果的です。

  • LINE@
  • メルマガ

を使います。

 

LINE@やメルマガに登録してくれるユーザーは、SNSでフォローするユーザーより購入したい欲求が高いと言えるでしょう。

なぜなら、SNSのいいねやフォローは気軽に出来るし、軽い感じで情報を求めているユーザーです。

しかし、わざわざLINE@やメルマガに登録しているユーザは、購入を検討するためにより深く情報を求めているユーザーです。

 

このような購入意欲の高いユーザーに向けて、

  • より詳細な商品ストーリー
  • クーポンの配布やキャンペーン情報

を発信することで、購入するように軽く背中を押してあげるような施策を打つと効果的です。

 

認知を上げるために広告は非常に有効

広告は、コストをかかりますが認知度を上げるには一番即効性があります。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • アフィリエイト

です。

 

リスティング広告は、Googleの検索キーワードに応じて検索結果の上位に広告を表示する広告です。

たとえば、アクセサリーのペンダントを販売したいのなら、「ペンダント」というキーワードに広告を打つ感じです。

検索キーワードによって広告料金が変わります。

 

「ペンダント」というキーワードだとユーザーの検索ボリュームが多いので、広告の入札価格が高いです。

しかし、

「ペンダント シルバー」

「ペンダント シルバー 天然石」

「ペンダント シルバー 天然石 メンズ」

の順にキーワードを増やしていくと検索ボリュームが少なくなるので、広告の入札価格は低くなります。

 

これは、商品ラインナップとどのキーワードで入札するのかは密接に関わっています。

幅広いラインナップのペンダントを取り扱っている場合、大きなキーワードである「ペンダント」に入札し集客しても問題ありませんが、メンズのシルバーペンダント専門店の場合、ペンダントのキーワードで集客してもユーザーのニーズとマッチしない確率が高まり、費用対効果が悪くなります。

 

ユーザーも「ペンダント シルバー 天然石 メンズ」のように複数のキーワードで探しているということは、探しているモノがより具体的になっているということなので、販売している商品をマッチすると購入してもらえる確率が高くなるということです。

 

このように、自社で取り扱っている商品を探しているユーザーはどのようなキーワードで検索するのかということを想定してリストアップしないといけません。

 

リスティング広告の運用は、データを分析しながらPDCAをひたすら回す作業になります。

時間もコストもかかるので、ある程度ビジネスの規模が大きくなったら専門の担当者を付けるか、外注するかの施策を考えましょう。

 

Webマーケティングを習得する方法

いろいろなWebマーケティング施策を紹介してきましたが、多すぎて大変な印象を持ったと思います。

しかし、お客さんの行動の流れに沿って、適切にWebマーケティング施策を打つことによって、売上を最大化することができるでしょう。

 

たとえば、

(Youtube/インスタ/ツイッター/SEO)→(LINE/メルマガ)→LP→CV

のように、施策を組み合わせて使うとより効果が高くなります。

 

もし、あなたが商品やサービスを持っていないなら、アフィリエイトやアマゾンなどで商品を見つけて、すべてのマーケティング施策を使って売ってみることをおすすめします。

どうせやるなら単価が高い商品がいいでしょう。

 

サイトやSNSを作って運営してみることで、多くのノウハウを得ることができるでしょう。

制作したサイトやSNSをサンプルイメージとして企業に見せて、売り込めるかもしれません。

やればやるほど実力がつくので、作業スピードも上がります。

 

マーケティングや販売のスキルは、あなたがこれからどんな商品やサービスを売る時にも必要になるので、一生モノのスキルと言っていいでしょう。

知識のベースができていれば、今後、新しいプラットフォームが出てきても対応することができるでしょう。

 

参考になるインフルエンサーゆうこす

ネットやSNSをめちゃくちゃ使いこなして、10代20代だけでなく起業家からも注目されているゆうこすさん。

学ぶべきところがたくさんあります。

「ネットで売る」の最先端!ゆうこすはネットショップオーナーなら絶対フォローすべき

ショップは作ったけどアピールする方法が分からない、どうやって売ればいいの?、とご相談いただくこともあります。 そういう方には、ゆうこすをフォローすることをおススメしています。   ネットやS ...

続きを見る

-Webマーケティング, ネットショップで稼ぐ方法

Copyright© Growth Shop , 2020 All Rights Reserved.