アイデアのつくり方

ビジネス

『アイデアのつくり方』ジェームス W.ヤング

更新日:

内容

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。

 

アイデアの作られる全過程

第一 資料集め。諸君の当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生まれる資料と。

第二 諸君の心の中でこれらの資料に手を加えること。

第三 孵化段階。そこでは諸君は意識の外で何かが自分で組み合わせの仕事をやるのにまかせる。

第四 アイデアの実際上の誕生。「ユーレカ!分かった!みつけた!」という段階。

第五 現実の有用性に合致させるために最終的にアイデアを具体化し、展開させる段階。

 

美的直観

豊かなアイデアにたどり着くのに必要なのは美的直観。

「これまで無関係と思われていたものの間に関係があることを発見することが美的直観である」

 

パレートの法則

ポイントは「大事なことを先にやれ」

問題は「何が大事なことか」を見抜くことである。

 

理想の人生

  1. 好きなことをやり
  2. それで食べることができ
  3. その上それが他人のためにもいささか役に立った人生

が自己実現の人生であり、理想の人生である。

方法論や道具はそのためのもの。

 

面白かったポイント

おすすめの本です。

内容は予想できたので読むのを後回しにしていたのですが、やはり名著、気づきがありました。

簡単に読めるので、定期的に見返したい。

 

満足感を五段階評価

☆☆☆☆

 

目次

-ビジネス

Copyright© ぐんし , 2022 All Rights Reserved.